1. TOP
  2. 干支占い
  3. 【干支占い】丑年(うしどし)生まれの性格と相性

【干支占い】丑年(うしどし)生まれの性格と相性

 2018/05/07 干支占い
この記事は約 7 分で読めます。
丑年 性格

十二支は、暦や時間、方位などに用いられ、その数は文字どおり子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12種類あります。

ここでは、丑年(うしどし)生まれの人の性格、金運、適職、恋愛傾向、相性、運勢を紹介します。

丑年(うしどし)の生まれ年とは?

丑年は、平成21年、平成9年、昭和60年、昭和48年、昭和36年、昭和24年、昭和12年、大正14年生まれの人が当てはまります。

 

丑年(うしどし)生まれの基本性格の特徴4つ

1.のんびり屋

丑年生まれの人は、スタートダッシュはあまり得意ではありません。出だしはのんびりとしていて、自分のペースをつかむために、周囲を観察しているタイプです。いちど腰をあげて、波にのると、しっかりと成果をあげることができます。

2.計画的

丑年生まれの人は、しっかりと準備して、さまざまなことに臨みます。見切り発車することは、ほとんどありません。スピード感がないため、積極性がないように思われますが、計画的な面は周囲からの信頼を得ます。

3.忍耐力がある

丑年生まれの人は、困難にぶつかることがあっても、途中で投げ出すようなことはしません。結果がすぐに出なくても、出せるまでこつこつと努力することができます。一方で、人に頼ることが上手ではありません。

4.リーダーシップがある

丑年生まれの人は目立つタイプではありませんが、リーダーを引き受けることになる機会も多くあります。暑苦しいリーダータイプではありませんが、冷静にその場の状況を判断することができるため、しっかり人がついてくるのです。

 

丑年(うしどし)生まれの金運

お金に執着するタイプです。自分の努力の結果がお金だと考えます。ですが、あまり金運がいいわけではありません。

 

丑年(うしどし)生まれの適職

接客業には向きません。金銭をあつかう仕事が向いています。銀行員、会計士などが適職です。

 

丑年(うしどし)生まれの恋愛傾向4つ

1.一途

恋多きタイプではありません。相手のことを信頼できるか否かを慎重に見極めます。

2.誠実

付き合えば、相手に対して非常に誠実に対応します。尽くすタイプでもあります。浮気や不倫などは、その単語を聞くだけでも拒否反応が出るでしょう。

3.受け身

自分から積極的にアプローチすることはありません。叶わない恋にこがれる、ということもあまりないでしょう。

4.依存しがち

ふだん弱いところを見せたりしない丑年生まれの人にとって、恋人の存在は大きいものです。恋人だけが気を許せる存在になってしまい、依存してしまうこともあります。

 

丑年(うしどし)生まれとほかの干支との相性

まず、基本的に良いとされている関係について紹介します。

支合(しごう)

この関係は、性格的に似ていて、共感しやすく、良き理解者となれます。

丑年であれば、子年(ねずみどし)の人がそれに当たります。

三合(さんごう)

おたがいにない面を補完しあえる、特別な間柄です。

丑年であれば、巳年(へびどし)、酉年(とりどし)の人が当てはまります。

 

次に、悪い相性といわれている関係についてです。

七冲(しちちゅう)

真逆の性格や価値観をもっていて、ぶつかり合い、反発してしまう間柄になります。

丑年であれば、未年(ひつじどし)の人がその間柄です。

六害(ろくがい)

切磋琢磨する良きライバルのような間柄にはなれません。ただ相手のことを不快に感じたり、邪魔だと思ったりする間柄です。

丑年であれば、午年(うまどし)の人が当てはまります。

三刑(さんけい)

おたがいに、おたがいのことがまったく理解できません。当事者のみならず、まわりをも巻きこみ、混乱を引き起こす間柄です。

丑年であれば、未年と戌年(いぬどし)の人がその関係になります。ただし、辰年(たつどし)、午年、酉年、亥年(いのししどし)の人には、当てはまりません。

自刑(じけい)

辰年、午年、酉年、亥年の人は、三刑に当てはまりません。ほかの干支からの干渉を受けないとされています。精神的に自立している人が多く、自然と孤立してしまうことも。自分で自分を苦しめてしまう、という意味で自刑とよばれます。

 

以上の関係性を踏まえたうえで、以下でさらにくわしく、丑年生まれと12の干支の相性をひとつずつみていきます。

 

丑年との相性

子年

最初は、「この人は自分とは真逆だな」と思うかもしれません。ただ、会話をするうちに、似たような性格や価値観であることに気がつくでしょう。適度な距離感で接することができる、良き理解者となります。

丑年

おたがいに真面目なところが強く出てしまうと、ぶつかり合うことが多くなってしまいます。ただし、目指す場所が同じときは、力強いパートナーとなります。

寅年

アクティブな寅年の人に、丑年がやれやれ、と言いながらついていく関係となります。あまりにそういった期間が続くと、丑年の人にストレスがたまるため、注意が必要です。

卯年

おたがいに本音を言い合える関係にはなりません。ただ、自分の利益のためなら相手のことを理解し、歩み寄ることもできるのが丑年と卯年です。

辰年

丑年の人も辰年の人もしっかりしているという面では似た者同士です。しかし、丑年がリアリストなら、辰年はロマンチストで、根本的な方向性は異なっています。

巳年

少し子供っぽく、理想がはっきりしている巳年の人は、丑年の人にとってあこがれの存在となります。おたがいにない面をフォローし合いながら、よい関係を築くことができます。

午年

丑年の人からみた午年の人は、行き当たりばったりにみえて、まったく理解することができません。

未年

頑固な面など、おたがいに似ているところがあるからこそ、相手の短所ばかりが気になってしまいます。

申年

人に対して心を開くのに時間がかかる丑年の人にとって、察しのよい申年の人は、良き理解者となります。一緒にいて、落ち着ける関係です。

酉年

マイペースで凝り性なところが似ていて、とくにおたがいの趣味などは理解し、認めてあげることができます。社交的な酉年の人に、丑年の人が助けられることが多くあるでしょう。

戌年

丑年の人は、戌年の人の身勝手さを受け入れることができません。丑年の人が戌年の人のことを見下してしまいます。

亥年

付かず離れずの距離感で、ビジネスライクに接するくらいが、ちょうどよい間柄です。

 

丑年(うしどし)生まれの2018年の運勢

2018年は丑年にとって、自分にきびしく、さまざまなタスクを用意したり、ひとつのことにじっと向き合い、葛藤したりするような年になります。

目先の目標にたどり着くために、地道な努力を続けるでしょう。一方で、保守的に現状を維持することが2018年はできません。

気をつけたいのが、今年は他人にもきびしい目を向けてしまいがちだということです。自分がつらい環境にあるときは、とくに注意してください。

 

まとめ

丑年(うしどし)生まれの人の性格、金運、適職、恋愛傾向、相性、運勢を紹介しました。

つねに冷静で、マイペースを保つ丑年の人にあこがれる人は多くいます。ミステリアスな人のほうがモテたりしますが、まさに丑年の人はそのタイプです。

丑年の人はそんなところが自分の魅力だと気がついているところもあり、なかなか他人に弱音を吐いたり、本音を言うことができず、ひとりで抱え込んでしまいます。

周囲の人は、あなたの力になりたいと思ってくれています。ひと言ふた言でもいいので、あなたの気持ちを吐き出してしまうときがあってもいいと思いますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

占い@DEEPの注目記事を受け取ろう

丑年 性格

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

占い@DEEPの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【干支占い】未年(ひつじどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】戌年(いぬどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】辰年(たつどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】申年(さるどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】卯年(うさぎどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】寅年(とらどし)生まれの性格と相性