1. TOP
  2. 干支占い
  3. 【干支占い】午年(うまどし)生まれの性格と相性

【干支占い】午年(うまどし)生まれの性格と相性

 2018/05/07 干支占い
この記事は約 7 分で読めます。
午年 性格

動物占いが爆発的なブームになったことは、皆さんご存知だと思います。じつは、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥という「十二支」の動物でも、占うことができるのです。

ここでは、午年(うまどし)生まれの人の性格、金運、適職、恋愛傾向、相性、運勢を紹介します。

午年(うまどし)の生まれ年とは?

午年は、平成26年、平成14年、平成2年、昭和53年、昭和41年、昭和29年、昭和17年、昭和5年生まれの人が当てはまります。

 

午年(うまどし)生まれの基本性格の特徴4つ

1.情熱的

快活でアクティブな情熱家が多いのが、午年の人です。迷う前に、なんでもはじめてしまうタイプ。それでも、だいたいのことはうまくやっていくことができます。

2.華やかなオーラがある

生まれつき、人目を惹きつけるオーラがあります。午年の人が活動的であることも、その理由のひとつではありますが、これは天性のものです。

3.気分屋

開けっぴろげな性格で、裏表がありません。ただし、それは相手を気遣うことができないということでもあり、その場の気分で発言したり、行動してしまいます。

4.集団行動が苦手

上記のとおり気分屋な性格なため、人と同じ行動をすることが苦手です。また、自立心も強く、あまり人と群れたがりません。

 

午年(うまどし)生まれの金運

派手に遊ぶことを好むため、浪費癖の傾向が強いです。「いざというときのために」という考えにおよびません。

 

午年(うまどし)生まれの適職

中小企業より、大企業が向いています。そのほうが持ち前の華やかさが活きます。

また、芸能や芸術などの仕事にも向いています。

社交的で独立したい気持ちももっていますが、あまり細かいことまで考えがまわらないため、自営業は向いているとはいえません。

 

午年(うまどし)生まれの恋愛傾向4つ

1.アピール力がある

だれかを好きになったら、なんとしてもその人を捕まえようとするハンターです。恋愛においても、行動力が発揮されます。

2.束縛を嫌う

好きで好きで付き合っても、つねに一緒にいることは望みません。おたがいに自立した付き合いを好みます。相手に合わせることを愛情だとは考えず、おたがいの意思を尊重することを、なによりも大切にします。

3.感情的になりがち

まさに「ああいえばこういう」タイプなため、喧嘩は長引きます。自分から謝ることをしないため、とりあえず、しばらく時間をおくことが解決の近道です。

4.晩婚

自立心のある午年の人にとって、結婚するパートナーを見つけるのは、なかなかむずかしいことです。午年の人はひとりで生きていけるだけのパワーをもっているからです。そんな午年の人が、ずっと一緒に、対等に歩んでいきたいと思える人はなかなかいません。

 

午年(うまどし)生まれとほかの干支との相性

まず、基本的にいいとされている関係について紹介します。

支合(しごう)

この関係は、性格や価値観が似ているといます。そのため、よき理解者となることができるでしょう。

午年であれば、未年(ひつじどし)の人がそれに当たります。

三合(さんごう)

おたがいに不足している面を、おたがいに埋め合うことができる、特別な間柄です。

午年であれば、寅年(とらどし)、戌年(いぬどし)の人が当てはまります。

 

次に、悪い相性といわれている関係についてです。

七冲(しちちゅう)

支合の関係とは逆で、性格や価値観がぶつかり合い、反発してしまう間柄です。

午年であれば、子年(ねずみどし)の人がその間柄です。

六害(ろくがい)

相手のことを不快に感じたり、邪魔だと思ったりする間柄です。おたがいに高め合うライバルにもなれず、対立します。

午年であれば、丑年(うしどし)の人が当てはまります。

三刑(さんけい)

おたがいのことがまったく理解できずに、苦しみます。当事者にとどまらず、まわりをも巻きこみ、混乱を引き起こす間柄です。

午年、辰年(たつどし)、酉年(とりどし)、亥年(いのししどし)の人には、当てはまりません。

自刑(じけい)

午年、辰年、酉年、亥年の人は、三刑に当てはまりません。ほかの干支からの干渉を受けず、精神的に自立しているといわれます。その代わり、自然と孤立してしまうことも。自分で自分を苦しめてしまう、という意味で自刑とよばれます。

 

以上の関係性を踏まえたうえで、以下でさらにくわしく、午年生まれと12の干支の相性をひとつずつみていきます。

 

午年との相性

子年

おたがいの意思を尊重し、理解しようとする努力ができません。自分のほうがかならず正しい、という気持ちを拭えず、反発し続ける間柄です。

丑年

さくさく行動する午年の人に対して、マイペースな丑年の人。このふたりが同じ目的意識をもって行動できるとは、到底思えません。

寅年

午年の人の結婚相手としてふさわしいといえるのが、寅年の人でしょう。どちらも行動的で、自立しており、尊敬し合いながら関係を深めることができます。

卯年

控えめな卯年の人に、圧をかけないように注意しましょう。午年の人のよかれと思った行動が、卯年の人にはプレッシャーになりがちです。

辰年

強運の持ち主の辰年・午年。このふたりが協力すれば、怖いものはありません。どちらも活発なタイプですが、どちらかというと午年の人がリードしていく関係のほうがうまくいきます。

巳年

気分屋な午年の人を巳年の人がフォローすることで、いい関係を築くことができます。ただ、巳年の人は束縛しがちなため、バランスを考える必要があります。

午年

とくに若いころは、午年同士の人間関係はむずかしいものです。どちらも自己主張が激しく、ぶつかりあってしまいます。

未年

午年の人にとって、未年の人は理想的な相手です。思慮深く、人情深い未年の人が、午年の人をやさしく包み込んでくれます。午年の人は、そんな未年の人の大きな存在に気がつき、結婚を意識するのです。

申年

どちらも気分屋なところが目立ちます。とくに、なにか熱中しているものがあって、のめり込んでいるようなときは、おたがい近づかないほうがいいでしょう。

酉年

ざっくばらんにいろんなことを話せる、カジュアルな関係を築くことができますが、恋愛関係にはなりにくい関係です。友人としては、よき理解者になれます。

戌年

しっかり者で社交的な戌年の人は、午年の人のよきパートナーとなります。おたがいのいいところ、悪いところを理解し、信頼し合って歩んでいくことができます。

亥年

華やかさのある午年の人と、大木のようにどっしり構えている亥年の人は、最初は正反対に思えて敬遠しがちになりますが、自分にはない相手の魅力に気がつきます。

 

午年(うまどし)生まれの2018年の運勢

昨年、停滞ぎみだったことがあれば、2018年はグングン動きだしそうです。

前進していくパワーが強いのが、2018年の午年です。なかなかうまくいかず、諦めようとしていたことがあるのであれば、もう少し続けてみてください。きっとなにかしらの手応えを感じることができるでしょう。

また、2018年は多くの出会いが期待できそうです。あなたとともに歩んでくれる、そっと背中を押してくれる、そんな大切な存在と出会い、関係を深めていける年となるでしょう。

 

 

まとめ

午年(うまどし)生まれの人の性格、金運、適職、恋愛傾向、相性、運勢を紹介しました。

華やかな印象を与える午年の人のまわりには、多くの人が惹きつけられてきます。もちろん、午年の人の力でもあるのですが、そういった周囲の人たちのサポートもあり、午年の人の突飛な発言が、いつのまにかちゃんと形になっているのです。

ただ、どうしても午年の人は、自分本位になりがち。できるかぎり、まわりの人への感謝の気持ちを、都度、声に出して表現するようにしましょう。

午年の人を支援してくれる人たちは、感謝の言葉など言われずとも、勝手に午年の人を助けてくれますが、あえて声をかけることで、相手に対する自分の気持ちを、見つめなおすきっかけになります。

\ SNSでシェアしよう! /

占い@DEEPの注目記事を受け取ろう

午年 性格

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

占い@DEEPの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【干支占い】巳年(へびどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】戌年(いぬどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】卯年(うさぎどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】子年(ねずみどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】酉年(とりどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】寅年(とらどし)生まれの性格と相性