1. TOP
  2. 干支占い
  3. 【干支占い】巳年(へびどし)生まれの性格と相性

【干支占い】巳年(へびどし)生まれの性格と相性

 2018/05/07 干支占い
この記事は約 7 分で読めます。
巳年 性格

占いといえば、生年月日や星座、血液型占いがメジャーですが、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12の干支をもとに占う、干支占いも近年人気がでています。

ここでは、巳年(へびどし)生まれの人の性格、金運、適職、恋愛傾向、相性、運勢を紹介します。

巳年(へびどし)の生まれ年とは?

巳年は、平成25年、平成13年、昭和64年、昭和52年、昭和40年、昭和28年、昭和16年、昭和4年生まれの人が当てはまります。

 

巳年(へびどし)生まれの基本性格の特徴4つ

1.冷静

いつも客観的な巳年の人は、状況把握の力に長けています。こまかなことにもよく気がつき、冷静な判断ができるのです。他人の言動に敏感な分、自分の本音は周囲にあまり出したがりません。

2.創造性がある

そんなクールさとは真逆に思えるかもしれませんが、巳年の人は芸術家気質でもあります。

3.向上心がある

いちど決めたことは最後までやりとおすべき、という信念をもっています。そのゴールに向かって、ひたむきに努力することができます。

4.プライドが高い

客観的に周囲の状況を把握することができる巳年の人。その影響もあって、周囲の人の愚かさにばかり目がいきがち。自分にできることができない人を見下す傾向があります。巳年の人は自分のことを、少なくとも普通より少し上だと思っているため、バカにされたように感じたとき、態度が豹変します。

 

巳年(へびどし)生まれの金運

財布に蛇の皮を入れておくとお金が貯まる、という言い伝えもあるくらい、巳年の人は生涯お金には困りません。

 

巳年(へびどし)生まれの適職

センスを活かして、ファッションやインテリアに興味をもつ人が多いです。また、スピリチュアルなことにも才能のある人が多いのが、巳年生まれの特徴です。

 

巳年(へびどし)生まれの恋愛傾向4つ

1.恋多き人生

恋愛によって、生活が大きく左右されます。恋愛に重きを置いた人生を送る人が多いのが、巳年生まれの人の特徴です。

2.一途

付き合ったり、恋をする人数は多いのですが、同時期に複数人と・・・ということはありません。ひとりの人のことを、とても深く思うタイプです。

3.束縛する傾向がある

巳年の人は嫉妬深く、繊細です。相手から向けられる愛情を、手放しで信頼することができません。そのため、相手を束縛してしまいがち。それが破局の原因となります。

4.苦労が絶えない

俗にいう「ダメな男」「ダメな女」に尽くしてしまうのが巳年の人です。相手の借金を肩代わりするなど、苦労が絶えないでしょう。

 

巳年(へびどし)生まれとほかの干支との相性

まず、基本的にいいとされている関係について紹介します。

支合(しごう)

この関係は、性格や価値観が似ているといます。そのため、よき理解者となることができるでしょう。

巳年であれば、申年(さるどし)の人がそれに当たります。

三合(さんごう)

おたがいに不足している面を、おたがいに埋め合うことができる、特別な間柄です。

巳年であれば、丑年(うしどし)、酉年(とりどし)の人が当てはまります。

 

次に、悪い相性といわれている関係についてです。

七冲(しちちゅう)

支合の関係とは逆で、性格や価値観がぶつかり合い、反発してしまう間柄です。

巳年であれば、亥年(いのししどし)の人がその間柄です。

六害(ろくがい)

相手のことを不快に感じたり、邪魔だと思ったりする間柄です。おたがいに高め合うライバルにもなれず、対立します。

巳年であれば、寅年(とらどし)の人が当てはまります。

三刑(さんけい)

おたがいのことがまったく理解できずに、苦しみます。当事者にとどまらず、まわりをも巻きこみ、混乱を引き起こす間柄です。

巳年の人であれば、寅年と申年の人です。ただし、辰年、午年(うまどし)、酉年、亥年の人には、当てはまりません。

自刑(じけい)

辰年、午年、酉年、亥年の人は、三刑に当てはまりません。ほかの干支からの干渉を受けず、精神的に自立しているといわれます。その代わり、自然と孤立してしまうことも。自分で自分を苦しめてしまう、という意味で自刑とよばれます。

 

以上の関係性を踏まえたうえで、以下でさらにくわしく、巳年生まれと12の干支の相性をひとつずつみていきます。

 

巳年との相性

子年

巳年の人も子年の人も上昇志向であるため、同じ方向を向いて努力を重ねることで信頼関係を築くことができます。ただ、子年の人の言動が原因で誤解が生じることがあります。

丑年

どちらも客観的に状況を観察する現実主義者です。基本的な性格が似ているため、意見が大きく食い違うことはありません。丑年の人は、巳年のクリエイティブな面に惹かれます。

寅年

自立していて自由を好む寅年の人にとって、巳年の存在は「かせ」となってしまいます。巳年の人がどれだけ寅年の人の意志を尊重できるかが重要です。

卯年

愛情豊かな関係を築くことができます。ただし、移り気なところがある卯年の人に対して、巳年の人は過剰に執着することになります。

辰年

一緒にいて楽しいこともありますが、奔放なところが目立つ辰年の人のことを、巳年の人はいつも心配しなくてはいけません。

巳年

どちらもクールで、自立した関係を築く可能性もありますが、対立関係になる場合も多いのが、巳年同士の相性の特徴です。

午年

冷静な巳年の人とアクティブな午年の人とでは、相性がよくないように思えますが、午年の人が巳年の人を引っ張る形であれば、うまくいきます。

未年

巳年の人はなかなか心を開かず、未年の人も自己表現が苦手なため、距離が縮まるには少し時間を要します。関係が深まってからも、言葉を尽くすことを怠らないようにしないと良好な関係は継続できません。

申年

個性的な申年の人と、アーティスティックな面で共感しやすいでしょう。申年の人がざっくばらんに接してくることで、巳年の人も自然と自分を開示することができます。ベタベタな愛情というよりは、サラッとした友情のイメージです。

酉年

どちらも計算高いところがよく似ています。否定し合うことなく、協力できる関係が築けます。恋愛関係としても、ビジネスパートナーとしても、相性がいいでしょう。

戌年

友好な関係を続けていきたいなら、戌年の人の警戒心の強さに、巳年の人があきらめないことです。

亥年

最初は自分にない面をもつ相手に惹かれます。しかし、どうしても意見が衝突してしまい、ギスギスした関係になります。

 

巳年(へびどし)生まれの2018年の運勢

2018年の1年間は巳年にとって、チャレンジングな年となりそうです。

これまで考えたこともなかったようなことを、とつぜんやってみたいと思うかもしれません。2018年は、巳年の人にはめずらしく、衝動的に突き動かされることがありそうな、アクティブな時期なのです。

慎重になりすぎず、思った方向に足や手を伸ばしてみてください。ここで気持ちを抑えて立ち止まってしまうと消化不良になります。そうなってしまうと、のちのちの行動に影を落としてしまうでしょう。

 

まとめ

巳年(へびどし)生まれの人の性格、金運、適職、恋愛傾向、相性、運勢を紹介しました。

もしかすると、巳年のあなたは「人に興味がないよね? 」と言われたことがあるかもしれません。今、こう問いかけられて、そういえばあまり関心がないかも・・・と気づいた人もいるかもしれません。。

それはけっして悪いことではありません。ただひとついえることは、自分自身に興味がない人はいない、ということです。

ムリにたくさんの人と接する必要はありません。ただ、自分が興味あるもの、たとえば映画や絵画をみることなど、そういったなにかと向き合ってみてください。それは、自分と向き合う時間をもつことでもあるのです。

自分と向き合う時間をじゅうぶんにもつことができれば、巳年のあなたは今以上に魅力的な人間になっていきます。

\ SNSでシェアしよう! /

占い@DEEPの注目記事を受け取ろう

巳年 性格

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

占い@DEEPの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【干支占い】午年(うまどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】酉年(とりどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】辰年(たつどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】卯年(うさぎどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】未年(ひつじどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】戌年(いぬどし)生まれの性格と相性