1. TOP
  2. 干支占い
  3. 【干支占い】卯年(うさぎどし)生まれの性格と相性

【干支占い】卯年(うさぎどし)生まれの性格と相性

 2018/05/07 干支占い
この記事は約 7 分で読めます。
卯年 性格

生年月日や星座占いに、幼いころから慣れ親しんでいる人も多いでしょう。じつは、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の「十二支」でも、占うことができるのです。

ここでは、卯年(うさぎどし)生まれの人の性格、金運、適職、恋愛傾向、相性、運勢を紹介します。

卯年(うさぎどし)の生まれ年とは?

卯年は、平成23年、平成11年、昭和62年、昭和50年、昭和38年、昭和26年、昭和14年、昭和2年生まれの人が当てはまります。

 

卯年(うさぎどし)生まれの基本性格の特徴4つ

1.おだやかで平和主義

基本的に争いごとを好みません。人情深く、親しい人のことはできる限り助けてあげたいと考えます。和やかな雰囲気なので、自然とたくさんの人が集まってきます。

2.熱しやすく冷めやすい

物事を継続することは、あまり得意ではありません。ウサギとカメのお話がありますが、まさにコツコツ努力するカメと反対に位置するのが、卯年の人なのです。

3.なかなか自己開示しない

おだやかで人当たりはいいのですが、かんたんに他人のことを信頼することはありません。卯年の人が他人に心を開くのは、とても遅いです。

4.損得勘定が得意

自分にメリットがないことをわざわざ選んだり、実行したりすることがほとんどありません。瞬時に自分の置かれている立場や相手の状況を把握することができます。

 

卯年(うさぎどし)生まれの金運

金運はいいほうです。安定して一定の金銭を得ることができます。自分に必要なもの、不必要なものをしっかり選ぶことができるため、蓄えることも得意です。

 

卯年(うさぎどし)生まれの適職

上からも下からも気に入られます。卯年の人自身も、どのようなふるまいをすれば好かれるか、当たり障りがないかがよくわかっています。

教師など、バランスをとりながら多くの人と接する職業が向いているでしょう。対人関係における感覚がすぐれているので、タレントのような道にも活かせます。

 

卯年(うさぎどし)生まれの恋愛傾向4つ

1.異性関係に困らない

卯年生まれの人は、生まれながらに愛嬌がある人が多いです。そのため、まわりには男女問わず、多くの人が集まります。出会いが豊富です。

2.献身的

基本的に、相手には尽くしたいと思います。相手の個性を尊重することもできなくはありませんが、そもそもの部分で、趣味や考え方が似ている人を好きになります。

3.現実主義

結婚と恋愛は別物、と考える人が多いでしょう。相手の経済力や性格などをじっくり分析し見定める、クールなところが目立ちます。

4.おだやかな家庭を築く

結婚すれば、家庭を非常に大切にします。家族みんなが快適に、やさしい気持ちで過ごせるよう、最善を尽くします。

 

卯年(うさぎどし)生まれとほかの干支との相性

まず、基本的にいいとされている関係について紹介します。

支合(しごう)

この関係は、性格や価値観が似ているといわれ、よき理解者となることができます。

卯年であれば、戌年(いぬどし)の人がそれに当たります。

三合(さんごう)

おたがいに不足している面を、おたがいで埋め合うことができる、特別な間柄です。

卯年であれば、未年(ひつじどし)、亥年(いのししどし)の人が当てはまります。

 

次に、悪い相性といわれている関係についてです。

七冲(しちちゅう)

支合の関係とは逆で、性格や価値観がぶつかり合い、反発してしまう間柄です。

卯年であれば、酉年(とりどし)の人がその間柄です。

六害(ろくがい)

相手のことを不快に感じたり、邪魔だと思ったりする間柄です。おたがいに高め合うライバルにもなれません。

卯年であれば、辰年(たつどし)の人が当てはまります。

三刑(さんけい)

おたがいのことがまったく理解できずに、苦しみます。当事者にとどまらず、まわりをも巻きこみ、混乱を引き起こす間柄です。

卯年であれば、子年(ねずみどし)の人がその関係になります。ただし、辰年、午年(うまどし)、酉年、亥年の人には、当てはまりません。

自刑(じけい)

辰年、午年、酉年、亥年の人は、三刑に当てはまりません。ほかの干支からの干渉を受けず、精神的に自立しているといわれます。その代わり、自然と孤立してしまうことも。自分で自分を苦しめてしまう、という意味で自刑とよばれます。

 

以上の関係性を踏まえたうえで、以下でさらにくわしく、卯年生まれと12の干支の相性をひとつずつみていきます。

 

卯年との相性

子年

神経質な子年の人のせっかちさに、卯年の人が辟易してしまいます。なんでも器用にこなしてしまう卯年の人に対して、子年は嫉妬し、うまく関係が築けません。

丑年

人を頼ることが得意ではない丑年の人にとって、包容力がある卯年の人は貴重な存在となります。

寅年

卯年の人が寅年の人を頼る関係が落ち着きます。寅年の人も卯年の人といると、リラックスできるでしょう。

卯年

おたがいが性格的に似ているため、関係を深めていきやすい関係です。ただし、どちらも移り気な部分があるため、恋愛関係では注意が必要です。

辰年

最初は頼りになる辰年の人に、卯年の人も興味をもちますが、じょじょにプライドが高く、高圧的な辰年に嫌気がさしてきます。

巳年

嫉妬深いところのある巳年を、少しうっとうしく感じてしまうかもしれません。相手に寄り添いたいという気持ちは、巳年の人も卯年の人も同じです。少しずつ歩み寄ることもできるでしょう。

午年

どちらも気分屋なところがあるため、ぶつかり合うことも多くなります。相手への気遣いを忘れないことが大切です。

未年

相手の考えていることが手に取るようにわかるような、以心伝心の関係です。よき理解者、パートナーとなることができます。

申年

卯年の人も申年の人も、その場の状況を把握することが得意なので、共感しやすい関係です。ただし、うわべだけの付き合いになることもしばしば。申年の人は必要なときには本音を言いますが、卯年の人が言えないとき、とくにうわべだけの関係になりがちです。

酉年

おたがいに察しがいいため、相手のことを高飛車だとか、計算高いだとか、悪い方向に意識します。

戌年

おたがいの気持ちを押しつけることなく、思いやりをもって自然と接することができます。いっしょにいるだけで、落ち着くでしょう。

亥年

かんたんに人を信用しない卯年の人ですが、亥年の人とは早い段階で打ち解けることができます。卯年の人は、亥年の人を恋愛相手というよりは結婚相手として選ぶことが多いでしょう。

 

卯年(うさぎどし)生まれの2018年の運勢

2017年までの努力が形になり、花開いていくような時期に入ります。

ここ数年は少し気分が落ちやすかったかもしれませんが、2018年はプラスな気持ちが先行します。「障害」だと感じていたものが、消えていくこともあるでしょう。

できるかぎり自分の考えていることや感情を言語化して、相手に伝えることを意識してください。ただ、不満や不平を撒き散らすことはよくありません。「相談」といった形をとるといいでしょう。

 

まとめ

卯年(うさぎどし)生まれの人の性格、金運、適職、恋愛傾向、相性、運勢を紹介しました。

もともと平和主義な卯年の人。その平和を守るために、非常に察しがいいのです。

だれがだれを好き(もしくは、嫌い)で、自分はあの人にどう思われているとか・・・、そういった人間関係の様子が卯年の人にはよくみえます。その影響で気がつかないうちに、卯年のあなたはどこか人のことを見下してしまうところがありませんか?

もしそうなら、「ありがとうと言っておけばいいや」とか「ここではこうしておけばいいでしょ」といった、投げやりな考え方を忘れることです。あなたが本当にありがたく思ったときに、心をこめてお礼を言ってみてください。ギュッと詰まっていた心に、いい具合に隙間があいてくれるはずです。

\ SNSでシェアしよう! /

占い@DEEPの注目記事を受け取ろう

卯年 性格

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

占い@DEEPの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【干支占い】申年(さるどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】未年(ひつじどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】子年(ねずみどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】戌年(いぬどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】午年(うまどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】辰年(たつどし)生まれの性格と相性