1. TOP
  2. 干支占い
  3. 【干支占い】子年(ねずみどし)生まれの性格と相性

【干支占い】子年(ねずみどし)生まれの性格と相性

 2018/05/07 干支占い
この記事は約 7 分で読めます。
子年 性格

生まれた年によって決まっている干支。12種類ある干支の種類は、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥からなっていることは、みなさんよくご存知でしょう。

星座や四柱推命で性格や運勢を占う方が多くいらっしゃいますが、じつは干支でも占うことができるのです。

ここでは、子年(ねずみどし)生まれの人の性格、金運、適職、恋愛傾向、相性、運勢を紹介します。

子年(ねずみどし)の生まれ年とは?

子年は、平成20年、平成8年、昭和59年、昭和47年、昭和35年、昭和23年、昭和11年、大正13年生まれの人が当てはまります。

 

子年(ねずみどし)生まれの基本性格の特徴5つ

1.社交的

基本的にいつも明るく快活で、周囲の人との交流を楽しむことができるのが子年の人です。子年の人のまわりには、つねにたくさんの人たちが集まってきます。

2.好き嫌いがはっきりしている

協調性はありますが、自分の意見はしっかりと述べます。好きなものや好きなことへはたっぷりと愛情をそそぎますが、そうでないことへは興味を示すことはありません。

3.感情を表に出す

怒りっぽかったり、涙もろかったりと、感情表現が豊かな子年の人。そういった人間らしさも、多くの人たちを惹きつける魅力のひとつになっています。

4.世話焼き

パワフルな子年の人は、他人のことにもいつも全力です。少々お節介に思われるほど、他人の相談にのったり、意見を言ったりします。

5.適応力がある

人見知りすることがほとんどありません。どんな状況にも、臨機応変に対応できる器用さがあります。

 

子年(ねずみどし)生まれの金運

金銭的に極端に不自由をすることなく、生活できます。貯蓄が得意な人も多いのが特徴です。ただし、名声・社会的地位などとは、縁遠い運勢となっています。

 

子年(ねずみどし)生まれの適職

こまかい数字やデータを追いかけるような仕事が向いています。頻繁に転職をするよりかは、ひとつの場所に落ち着いて、コツコツ結果を積み重ねていくほうが、信頼を得ることができます。

 

子年(ねずみどし)生まれの恋愛傾向5つ

1.一途

「この人だ!」と直感した子年の人は、もうその人のことしか見えません。あまりひねくれた考え方はせず、好きな気持ちをなによりも優先させます。

2.異性関係に困らない

社交的で明るい子年の人のまわりには、同性・異性問わず、人が集まります。そのため、「出会いがなくて・・・」という言葉とは縁遠いのです。

3.嫉妬深い

好きな人には、自分をなによりも優先してもらいたいと考えるため、嫉妬心をむき出しにすることがあります。ときには、相手の気持ちを想像することも大切です。

4.優柔不断

基本的に白黒つけたがる子年の人ですが、相手との関係性が変わるのをおそれ、はっきりとした答えを出さないこともあります。

5.家庭を大切にする

男性であれば、家庭のため仕事に励み、自宅でも家事や育児に積極的に参加します。女性であれば、まるで一家の太陽のように明るく家庭を包むタイプです。

 

子年(ねずみどし)生まれとほかの干支との相性

まず、基本的にいいとされている関係について紹介します。

支合(しごう)

この関係は、性格的に似ていて、共感しやすいものです。

子年であれば、丑年(うしどし)の人がそれに当たります。

三合(さんごう)

おたがいにない面を補完しあえる間柄です。

子年であれば、辰年(たつどし)と申年(さるどし)の人が当てはまります。

 

次に、悪い相性といわれている関係についてです。

七冲(しちちゅう)

真逆の性格や価値観をもっていて、ぶつかり合ってしまう間柄になります。

子年であれば、午年(うまどし)の人がその間柄です。

六害(ろくがい)

切磋琢磨するライバルのような間柄にはなれず、ただ不快に感じたり、邪魔だと思ったりする間柄です。

子年であれば、未年(ひつじどし)の人が当てはまります。

三刑(さんけい)

おたがいに、おたがいのことがまったく理解できません。当事者のみならず、まわりをも巻きこみ、混乱を引き起こす間柄です。

子年であれば、卯年(うさぎどし)の人がその関係になります。ただし、辰年、午年、酉年(とりどし)、亥年(いのししどし)の人には、当てはまりません。

自刑(じけい)

三刑に当てはまらない、辰年、午年、酉年、亥年の人は、ほかの干支からの干渉を受けないとされています。精神的に独立している人が多く、自然と孤立してしまうことも。自分で自分を苦しめてしまう、という意味で自刑とよばれます。

 

以上の関係性を踏まえたうえで、以下でさらにくわしく、子年生まれと12の干支の相性をひとつずつみていきます。

 

子年との相性

子年

同じ干支の似た者同士、関係はスムーズに進みます。ただ、少々物足りなく感じることも。刺激的な日々、とはなりません。

丑年

第一印象はあまりよくないかもしれません。徐々に、相手が自分と同じような性格・価値観をもっていることに気がつき、関係を深めていくことができます。よき理解者となれる、よい間柄です。

寅年

子年の人も、寅年の人も、アクティブです。そのため、一緒にいると退屈しません。ときに意見がぶつかることもありますが、あと腐れがない関係です。

卯年

子年、卯年、どちらの人も外面はよくすることができますが、内心おたがいのことがまったく理解できず、言葉を交わすことにストレスを感じます。他人に興味がある子年の人にとって、他人に関心のない卯年の人は薄情にみえるのです。

辰年

ずっしりと頼りになる辰年の人と、少し子どもっぽいところがある子年の人の相性はとてもよいといえます。辰年の人は感情表現をあまりしませんが、子年の人がくみ取ってあげることが大切です。

巳年

少々粘着質な巳年の人に、子年がついていけなくなりそうな関係です。子年の人も嫉妬深かいところはあるので、理解することはできますが、おたがいに子どもっぽさがぬけません。

午年

とにかく意見がぶつかり、対立します。話し合いで解決するのもむずかしいでしょう。近寄らないのがいちばんです。

未年

一見すると性格が似ていてわかり合えそうな印象がありますが、同族嫌悪する関係となります。相手のために何かをしてあげよう、という気持ちには一切なりません。

申年

子年の人は感情表現が豊かですが、逆にいえば自分の機嫌をコントロールすることが苦手です。申年の人は、人の感情を、感覚的に汲み取ることに長けています。そのため、申年の人といっしょにいると、子年の人は居心地がよいでしょう。

酉年

妥協できず、融通の効かない酉年の人に、柔軟性のある子年の人はストレスを感じます。

戌年

悪い間柄ではありません。このふたりが一緒にいる場合、どうしても子年の人が戌年の人に頼られる関係になります。

亥年

おたがいに物怖じしない性格のため、さっぱりとした付き合いが望めます。気は合いますが、なかなか恋愛関係には発展しないでしょう。

 

子年(ねずみどし)生まれの2018年の運勢

2018年は、グッと堪えるような1年になります。運気は上がってきてはいますが、まだ停滞中。多かれ少なかれ、問題を地道に解決したり、調整するなど、細々とした作業が必要になりそうです。

2018年は大きな出来事はありませんが、その分、なにか目標をたて、準備期間にあてるにはふさわしい時期です。やりたいこと、やるべきことをしぼって、前向きにトライしていきましょう。

 

まとめ

子年(ねずみどし)生まれの人の性格、金運、適職、恋愛傾向、相性、運勢を紹介しました。

明るく愉快で、素直な子年の人。そんな子どもらしさが残る子年の人を、うらやましく思う人はたくさんいます。「いいな、わたしもああなりたい」と思われることはもちろんいいことなのですが、このニュアンスにはいろいろあります。

長所と短所は紙一重とはよくいったもので、「(人のことを考えずに行動するなんて、迷惑な奴。人のことを考えずに無責任なことができて)いいな、わたしもああなりたいな(人としてはどうかと思うけどね!)」と、思われていることだってあるのです。

子年の人の素直さは失ってほしくはありませんが、いちど立ち止まり、周りを見渡す余裕を意識してもつことができると、よりよい関係を多くの人と築くことができるでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

占い@DEEPの注目記事を受け取ろう

子年 性格

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

占い@DEEPの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【干支占い】辰年(たつどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】寅年(とらどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】丑年(うしどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】未年(ひつじどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】酉年(とりどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】巳年(へびどし)生まれの性格と相性