1. TOP
  2. 干支占い
  3. 【干支占い】亥年(いのししどし)生まれの性格と相性

【干支占い】亥年(いのししどし)生まれの性格と相性

 2018/05/07 干支占い
この記事は約 7 分で読めます。
亥年 性格

ものすごい勢いで突き進んでいくことを、「猪突猛進」といいます。亥年(いのししどし)の人も、そのような性格をしているのでしょうか?

ここでは、亥年(いのししどし)生まれの人の性格、金運、適職、恋愛傾向、相性、運勢を紹介します。

亥年(いのししどし)の生まれ年とは?

酉年は、平成20年、平成7年、昭和58年、昭和46年、昭和34年、昭和22年、昭和10年生まれの人が当てはまります。

 

亥年(いのししどし)生まれの基本性格の特徴4つ

1.責任感が強い

一度決めたことは、最後までやり通さなければ気が済まないのが亥年の人です。そういった意味では、猪突猛進という言葉どおりだといえます。責任をもって何事もやりとげるため、周囲からの信頼も厚いです。

2.サバサバしている

白黒つけたがるタイプであるため、ほかの人が言いにくいことも、さらりと言いのけてしまいます。それゆえ、敵もつくりやすいのですが、粘着質なところがないため、好感をもたれることのほうが多いでしょう。

3.騙されやすい

利己的な人間のように思われがちですが、他人のことを否定的な目線でみません。基本的に手放しで人を信頼するため、亥年の人は騙されやすいです。

4.ボランティア精神がある

もちろん自分の利益も大切だと思っていますが、だれかの役に立ちたいという気持ちのほうが強くあります。

 

亥年(いのししどし)生まれの金運

しっかりと稼ぐことができるうえ、とくに晩年、安定した暮らしを送ることができます。

 

亥年(いのししどし)生まれの適職

海を超えて行くような仕事が向いています。たとえば、輸出入にかかわる仕事、旅行業などです。

 

亥年(いのししどし)生まれの恋愛傾向4つ

1.一途

好きになった相手のことを一途に思い続けます。また、だれかに好きになられると、はっきり断ることができません。白黒つけることよりも、相手の気持ちを考えてしまうタイプです。

2.アピール下手

「好き! 」という気持ちを全開にして突撃してします。しかし、その告白が冗談と受け取られてしまったり、突撃したにもかからわずなにもできなかったりと、空回りしがち。アピールの仕方が極端なため、相手になかなか伝わらないことが多いです。

3.駆け引きはできない

「好意のある相手への連絡は、時間をあけてから返す」という恋愛テクニックがありますが、これは亥年の人にとって至難の技でしょう。

4.家庭に入ると尽くす

そんな性格の亥年なので、家庭があればとにかく尽くします。家族が居心地よく過ごせる場所を、必死につくろうとする愛すべき人です。

 

 

亥年(いのししどし)生まれとほかの干支との相性

まず、基本的にいいとされている関係について紹介します。

支合(しごう)

この関係は、性格や価値観が似ているといます。そのため、よき理解者となることができるでしょう。

亥年であれば、寅年(とらどし)の人がそれに当たります。

三合(さんごう)

おたがいに不足している面を、おたがいに埋め合うことができる、特別な間柄です。

亥年であれば、卯年(うさぎどし)、未年(ひつじどし)の人が当てはまります。

 

次に、悪い相性といわれている関係についてです。

七冲(しちちゅう)

支合の関係とは逆で、性格や価値観がぶつかり合い、反発してしまう間柄です。

亥年であれば、巳年(へびどし)の人がその間柄です。

六害(ろくがい)

相手のことを不快に感じたり、邪魔だと思ったりする間柄です。おたがいに高め合うライバルにもなれず、対立します。

亥年であれば、申年(さるどし)の人が当てはまります。

三刑(さんけい)

おたがいのことがまったく理解できずに、苦しみます。当事者にとどまらず、まわりをも巻きこみ、混乱を引き起こす間柄です。

ただし、午年(うまどし)、辰年(たつどし)、酉年(とりどし)、亥年の人には、当てはまりません。

自刑(じけい)

午年、辰年、酉年、亥年の人は、三刑に当てはまりません。ほかの干支からの干渉を受けず、精神的に自立しているといわれます。その代わり、自然と孤立してしまうことも。自分で自分を苦しめてしまう、という意味で自刑とよばれます。

 

以上の関係性を踏まえたうえで、以下でさらにくわしく、酉年生まれと12の干支の相性をひとつずつみていきます。

 

亥年との相性

子年

にぎやかなことが大好きな子年の人と活動的な亥年の人は、初対面から意気投合します。ただし、どちらも勢いだけで物事を決めてしまいがちなため、どちらかがストッパーとなる必要があります。

丑年

最初は、おたがいにない面に惹かれ合います。たとえば、丑年の人なら亥年の人の積極性、逆の立場ならゆったりとしたところなど。ところが、時間が経つにつれて、その真逆な面が受け入れられなってきます。

寅年

どちらもはっきりとした性格であるため、衝突しがちです。ただ、あとに引くような喧嘩にはなりません。亥年の人が譲歩してあげることで、関係がスムーズにいくでしょう。

卯年

亥年の人も卯年の人も、相手を思いやることに重きをおいています。そのため、初対面から心地いい時間を過ごすことができます。おたがいにとってなくてはならない存在となるでしょう。

辰年

似た者同士であるため、おたがいの欠点をフォローすることができません。ふたりでいるときはまだいいですが、辰年の人と亥年の人のふたり対だれか、という構図になったとき、注意が必要です。

巳年

協力関係が生まれにくい相性です。おたがいの長所をつぶしてしまいます。

午年

どちらも積極性があり、とくにビジネスパートナーに向いています。ただし、一直線に進んで行く亥年の人は、移り気なところのある午年の人についていくのに苦労するでしょう。

未年

自分にない面を補完し合える間柄です。絶対的な信頼関係を築くことができるため、結婚にも向いています。

申年

最初は亥年の人が個性的な申年の人に惹かれます。しかし、真面目な亥年の人にとって、がさつで突拍子のない申年の人は、理解しがたい存在であり続けるため、亥年の人は包容力が求められるでしょう。

酉年

亥年の人が酉年の人に惚れ込むことが多いです。よほどの裏切り行為がない限り、亥年の人は酉年の人のことを許すことができるでしょう。

戌年

思いやりがあり、忍耐力があるという点で、亥年の人と戌年の人はよく似ています。ですが、同時に頑固なところも似ているため、意識的に話をする機会をもつことが重要となってきます。

亥年

おたがいのことを信頼し合うことができます。ただし、ふたりとも行動力ばかりが先走ってしまうため、注意が必要です。

 

亥年(いのししどし)生まれの2018年の運勢

2018年は、これまで気にしていなかったようなことも気になってしまう、そんな敏感な1年になります。

それはもちろんいい影響も与えてくれますが、傷つきやすくなったり、落ち込みやすくなったりするため、気分にムラが出やすく、気疲れするといったマイナスな面のほうが大きいでしょう。

2018年は、本当に意識を向けなければならないことよりも、枝葉末節のちっさな気がかりなことにばかり気が向いてしまいがち。そこをケアできれば、大きな失敗をせずにすむはずです。「◯◯してしまうかもしれないから、そのときは教えて」などと、周りの人に予防線を張っておくといいでしょう。

 

まとめ

亥年(いのししどし)生まれの人の性格、金運、適職、恋愛傾向、相性、運勢を紹介しました。

基本的に、思考がマイナスのほうに向かないのが亥年の人のいいところです。亥年の人は、悪い結果となる場合のことを考えていないわけではありませんが、それよりも楽しいことのほうを自然に考えられる思考の持ち主。それゆえ、抜きん出た積極性をもっているわけです。

ただ、ときには先に頭を動かしたほうがいいこともあります。ちょっと心配すぎるくらいの人の話を聞いてみて、立ち止まる時間も無駄ではありません。もちろん、その人の考えどおりに動く必要はありませんが、いくつかのパターンを想定することは、さまざまな物事を行ううえで役に立ち、時短にもなったりしますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

占い@DEEPの注目記事を受け取ろう

亥年 性格

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

占い@DEEPの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【干支占い】申年(さるどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】戌年(いぬどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】辰年(たつどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】午年(うまどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】卯年(うさぎどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】子年(ねずみどし)生まれの性格と相性