1. TOP
  2. 九星気学
  3. 【九星気学】六白金星の性格、相性、吉方位

【九星気学】六白金星の性格、相性、吉方位

 2017/12/06 九星気学
この記事は約 6 分で読めます。
六白金星 性格

本命星は、あなたの人生における指針を示してくれるほか、あなたの運勢と気質を教えてくれるものです。

九星気学における、六白金星の人の性格や相性、運勢、吉方位はどのようになっているのでしょうか?

六白金星とは?

9つある本命星のうちのひとつが「六白金星」です。

九星気学には、一白水星(いっぱくすいせい)、二黒土星(じこくどせい)、三碧木星(さんぺきもくせい)、四緑木星(しろくもくせい)、五黄土星(ごおうどせい)、六白金星(ろっぱくきんせい)、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい)、九紫火星(きゅうしかせい)という本命星が存在します。

生まれ年で本命星が決まりますが、下記の年に生まれた方が六白金星を本命星に持ちます。

大正11年(1922年)
昭和 6年(1931年)
昭和15年(1940年)
昭和24年(1949年)
昭和33年(1958年)
昭和42年(1967年)
昭和51年(1976年)
昭和60年(1985年)
平成 6年(1994年)
平成15年(2003年)
平成24年(2012年)

 

基本性格

六白金星のキーワードは「聡明」「努力家」「風格」です。

六白金星は「宇宙」が象徴する特性をもっています。六白金星の「六」は、東西南北4つ+天地2つ=6を意味し、これは宇宙を指しています。

六白金星の人は、視野が広く、合理的に物事を判断することに長けています。そのため、高飛車なように思われることもあります。

客観視できるがために、さまざまな状況を想像できることは長所ですが、それゆえ、慎重になりすぎて行動力に欠けるのが玉に瑕です。

 

ほかの本命星との相性

恋人や友人との関係性を深めるときにも、本命星同士の相性をみると役に立ちます。

六白金星と9つの本命星との相性を、順番にみていきましょう。

一白水星との相性

六白金星が一白水星を包むように見守るかたちで、落ち着くはずです。

おたがいに感情、とくに直接的に愛情を表現することを苦手としていますので、会話をする時間をしっかりともつようにすると円満になります。

二黒土星との相性

六白金星は愛情を表現することが苦手ですが、二黒土星はわりと素直に表現することができます。

献身的に尽くすので、六白金星は安心することができるでしょう。とはいえ、二黒土星に気持ちを伝えるのを怠らないように。

三碧木星との相性

極端にいえば「今が楽しければOK」と見えてしまう三碧木星と、俯瞰して大局を見るタイプの六白金星の相性は、けっしてよいとはいえません。

四緑木星との相性

愛嬌に欠ける六白金星にとって、八方美人ともいえる四緑木星は、尊敬の対象ともなります。

しかし、そのように根本的に異なるふたりがわかりあうためには、時間がかかるでしょう。

とはいえ、なぜ四緑木星がだれにでもいい顔をするのか、その理由を聡明な六白金星は理解しているはずです。

五黄土星との相性

六白金星は、五黄土星からの愛情を感じられ、安心することができるはずです。

六白金星は弱い面をさらけ出しませんが、その弱い部分を察して、五黄土星が支えられるとうまくいきます。

六白金星との相性

同じタイプのため、信頼し合う関係に発展するのは早いのですが、「阿吽の呼吸」のようなことを求めるのはNGです。

考え方が似ていたとしても、こまかいところが異なるのが人間です。言葉を尽くすことを怠らないようにしましょう。

七赤金星との相性

派手なタイプが多い七赤金星に、慎重な六白金星は最初は距離をとりたがります。

しかし、七赤金星は裏で考えるべき最低限のことを検討している、ということに六白金星が気がつけば、うまくいくでしょう。

八白土星との相性

六白金星が天と近い宇宙に属しますから、地に属する八白土星とは必然的に惹かれ合う関係だといえます。

切磋琢磨しながら、たがいに成長していくことができるでしょう。

九紫火星との相性

どちらも分析力にすぐれるスマートなタイプです。仲良くなれるかと思いきや、実はどちらかというと、同族嫌悪し合う仲になる可能性が高いでしょう。

たとえば、六白金星が経験に沿ったことをするタイプなら、九紫火星はその経験を踏まえた上で少しちがうことを求めるタイプ。そのため、衝突することもあります。

 

運勢

六白金星の運勢を、4つのジャンルにわけてみてみましょう。

恋愛

亭主関白になる人が多いです。

根はやさしいのですが、まわりくどいことが嫌いな六白金星は、ストレートな表現をしてしまい、それが火種となり喧嘩になることが多いでしょう。

人間関係

聡明で器用な六白金星は、先のことを読むことが得意です。ただ、それゆえに、とっつきにくい人だと思われることも多いです。

人を見下さず、謙虚に、控えめにすれば、人間関係も円滑に進みます。

金運

お金は貯まるのですが、お金を貯めたくて貯めた、というよりも、お金を使うことに抵抗感があって結果的に貯まるタイプです。

先を気にする六白金星ですから、お金はあるに越したことはないと考えています。

仕事

考えすぎてチャンスを逃しがちです。しかし、こまかい準備を怠らず、困難に対応することができる部分は長所です。

職業としては、教育関係や法律家などが向いています。

 

吉方位

気学では、本命星と月命星がよい相生関係になる星がまわっている方位のことを吉方位としています。

本命星が六白金星の人は、生気方(親星)が二黒・八白、退気方(子星)が一白、比気方(兄弟星)が七赤です。

生気方位とは、自分の星を生んでくれた星がまわっていた方位です。そのため、まわりから導かれることを象徴します。

退気方位とは、自分の星から生じた星のまわった方位です。自分の努力によって道を拓く際に参考にしたい方位です。

比気方位とは、同じ「気」が重なり大きくなる関係の方位です。同じ性質が力を合わせることで、開運につながるとされています。

2018年の六白金星は、「西」「西北」「東」が吉方位です。

 

まとめ

六白金星の性格や相性、運勢、吉方位についてみていきました。

何か判断に迷ったときや、新しいことをはじめるときに、参考にしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

占い@DEEPの注目記事を受け取ろう

六白金星 性格

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

占い@DEEPの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【九星気学】六白金星 2019年の運勢は「幸運期の幕開け」

  • 【九星気学】七赤金星の性格、相性、吉方位

  • 【九星気学】三碧木星の性格、相性、吉方位

  • 【九星気学】五黄土星 2019年の運勢は「雪解けの年」

  • 【九星気学】2019年 一白水星の運勢は「最高潮を迎える時」

  • 【九星気学】九紫火星 2019年の運勢は「守りに入る年」