1. TOP
  2. 九星気学
  3. 【九星気学】一白水星の性格、相性、吉方位

【九星気学】一白水星の性格、相性、吉方位

 2017/12/06 九星気学
この記事は約 7 分で読めます。
一白水星 性格

自分の本命星を知ることで、自分の目標や生きがいなど、人生の指針となるものを理解することができるばかりか、運勢や気質についても知ることができます。

九星気学でみる一白水星の人の性格や相性、吉方位は、どうなっているのでしょうか?

一白水星とは?

九星気学の9つの本命星のうちのひとつが「一白水星」です。

九星気学には、一白水星(いっぱくすいせい)、二黒土星(じこくどせい)、三碧木星(さんぺきもくせい)、四緑木星(しろくもくせい)、五黄土星(ごおうどせい)、六白金星(ろっぱくきんせい)、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい)、九紫火星(きゅうしかせい)の9つの本命星が存在します。

生まれ年で見た場合、下記の年に生まれた方が一白水星を本命星に持ちます。

昭和 2年(1927年)
昭和11年(1936年)
昭和20年(1945年)
昭和29年(1954年)
昭和38年(1963年)
昭和47年(1972年)
昭和56年(1981年)
平成 2年(1990年)
平成11年(1999年)
平成20年(2008年)
平成29年(2017年)

 

基本性格

一白水星のキーワードは「忍耐」「順応」「交流」です。

一白水星は、九星気学のなかでも、もっとも強い運勢の運命星だとされています。

その名のとおり、「水」の影響を受けている運命星のため、さまざまな状況に応じて、臨機応変に対応できる順応性があります。

だだっぴろく、おおらかな海のような包容力、川の激流のように激しい感情、何ものも受け付けないような氷のような心……場面や人によって、多くの顔を使い分けることができるでしょう。

相手のことを考えずに発言することはほとんどないはずですので、むしろ、人に合わせすぎるところが改善すべき点かもしれません。

適応力がありすぎることを理解して、自分に負荷をかけすぎないようにするとよいでしょう。

また、一白水星のあなたは、相手に合わせられるからこそ、自分の心を開示するまでに時間がかかるところがあります。そのため、秘密主義者のように思われることがあるでしょう。

心を開示するまでに時間がかかることは悪いことではありませんが、相手にそのように思われる可能性も踏まえて、少しずつでもいいので、自分のことを話すように意識すると、人間関係が円滑になりそうです。

とはいえ、人に合わせるやさしさをもつ一白水星のあなたですから、独特の話しやすい雰囲気の方が多いはずです。たとえば、恋愛関係においても、そういったあなたのオーラに惹かれる人も多いのではないでしょうか。

ただ、持ち前の忍耐力ゆえに、相手の期待に応えようと無理をしすぎてしまううことが多いようです。

相手に尽くしすぎて、気がついたときには我慢の限界に達していた……なんてことにならないように、定期的に自分を客観視するとよいでしょう。

 

ほかの本命星との相性

本命星同士の相性を見ておくと、恋人や友人との関係性を深めるときに非常に役に立ちます。

一白水星と9つの本命星との相性を、順番にみていきましょう。

一白水星との相性

同じ本命星をもつふたりですから、居心地のよさを感じるでしょう。

ただ、おたがいに気をつかいすぎるところがあるかもしれません。その結果、優柔不断になってしまうこともあるはずです。

どちらかがリードできればいいですが、むずかしいときは、おたがいに選択肢を出すなどして、スムーズに決められるようにできるとよいでしょう。

二黒土星との相性

一白水星の人は、他人との距離感を極端につめることが苦手ですが、二黒土星の人は、その逆。情に厚く、恋愛関係になるということは、責任をともなうことだと、強く意識している人が多いでしょう。

一白水星の人が薄情で、奔放であるわけではありませんが、おたがいにすこし違和感を感じることがありそうです。

三碧木星との相性

情熱的で、つねに新鮮な関係を望むのが三碧木星です。おしゃべりな三碧木星の聞き役に徹するとうまくいきます。

ただし、あまりにも自分の意見を言わなかったり、控えめにしすぎるのはNGです。

四緑木星との相性

おたがいに穏やかな性格の場合が多く、良好な関係を築きやすい間柄です。

四緑木星は、異性関係のご縁に困ることがない方がほとんどですが、のんびりしていたり、決断力があまりないところなど、一白水星の人と基本的な性格が似通っているところがあります。最終的には、一白水星の人に落ち着くようなところがありそうです。

五黄土星との相性

一定の距離感を保つのが大切になる相性だといえます。頑固で強気な五黄土星との価値観をすり合わせるのは、かんたんなことではないでしょう。

一白水星が甘えたり、頼りにしたいなどと、五黄土星に寄りかかりすぎるのはNGです。

六白金星との相性

プライドが高い星とされている六白金星は、亭主関白な人が多いといわれています。それゆえに、みずから積極的に自分を売り込むようなことはしないかもしれません。

一白水星の人も、自分から動けるタイプではありませんから、関係の進展には時間がかかりそうな組み合わせです。

七赤金星との相性

明るいタイプの多い七赤金星。一白水星も社交的ではありますが、七赤金星の人は、どちらかというと根っからの明るさがある人が多いようです。

しっかりリードしてくれる七赤金星の人との相性は、よいといえるでしょう。

八白土星との相性

感情の起伏が激しいといわれる八白土星に合わせることができてしまう一白水星の人は、気疲れしがちかもしれません。

また、熱心にアプローチしてきたかと思えば、突然そっぽを向く、といったこともあるため、振り回される恋愛となることが多いでしょう。

九紫火星との相性

優柔不断な一白水星の人にとって、物事の白黒をつけたがる九紫火星の人は、ときには頼りになり、ときには強引に感じることがあるでしょう。

たがいの欠点を補える存在になれると、うまく関係を築くことができるでしょう。

 

運勢

恋愛、人間関係、金運、仕事の各ジャンルにおける運勢をみてみましょう。

恋愛

基本的にだれにでも合わせることのできる一白水星は、献身的だといえるでしょう。社交的で穏やかなので、異性に対する印象もとてもよく、異性との縁には恵まれるはずです。

ただし、相手の出方に振り回されることも多いので、注意が必要です。

人間関係

社交的な一白水星ですが、それは表面的なものであることがほとんど。そのため、親友とよべるような人は少なく、ひとりで悶々と悩みを抱えていることも多いようです。

基本的にはにぎやかな状況に身を置くほうが、楽しめるでしょう。ただし、そんな状況でも、俯瞰してみることができる一白水星の人は、まわりの人をいつのまにか見下していることも……。

金運

けっして多くのお金を稼げるタイプではありませんが、特別お金に苦労することもないでしょう。目的のない貯蓄は苦手です。

仕事

人当たりのよい一白水星の人は、人と接する仕事が向いているでしょう。女性の場合、水商売で成功することが多いのも、一白水星の人です。

 

吉方位

気学では、本命星と月命星がよい相生関係になる星がまわっている方位のことを吉方位としています。

本命星が一白水星の人は、生気方(親星)が六白・七赤、退気方(子星)が三碧・四緑です。

生気方位とは、自分の星を生んでくれた星がまわっていた方位です。そのため、まわりから導かれることを象徴します。

退気方位とは、自分の星から生じた星のまわった方位です。自分の努力によって道を拓く際に参考にしたい方位です。

2018年でみた場合、一白水星の吉方位は、「東北」「西南」「東」の方角となります。

 

まとめ

一白水星の性格や相性、吉方位について紹介しました。何か判断に迷ったときや、新しいことをはじめるときに、参考にしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

占い@DEEPの注目記事を受け取ろう

一白水星 性格

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

占い@DEEPの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【九星気学】九紫火星の性格、相性、吉方位

  • 【九星気学】七赤金星の性格、相性、吉方位

  • 【九星気学】二黒土星の性格、相性、吉方位

  • 【九星気学】六白金星の性格、相性、吉方位

  • 【九星気学】五黄土星の性格、相性、吉方位

  • 【九星気学】二黒土星 2019年の運勢は「変化に富んだ森を進む時」