1. TOP
  2. 九星気学
  3. 【九星気学】九紫火星の性格、相性、吉方位

【九星気学】九紫火星の性格、相性、吉方位

 2017/12/06 九星気学
この記事は約 6 分で読めます。
九紫火星 性格

自分の本命星を知ることは、自分の目標や生きがいなど、人生の指針となるものを理解することにつながるのはもちろん、運勢や気質についても知ることができます。

九星気学でみる九紫火星の人の性格や相性、吉方位は、どうなっているのでしょうか?

九紫火星とは?

九星気学の9つの本命星のうちのひとつが「九紫火星」です。

九星気学には、9つの本命星が存在し、一白水星(いっぱくすいせい)、二黒土星(じこくどせい)、三碧木星(さんぺきもくせい)、四緑木星(しろくもくせい)、五黄土星(ごおうどせい)、六白金星(ろっぱくきんせい)、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい)、九紫火星(きゅうしかせい)とよばれます。

生まれ年で判断することができ、下記の年に生まれた方が九紫火星を本命星に持ちます。

大正08年(1919年)
昭和 3年(1929年)
昭和12年(1937年)
昭和21年(1946年)
昭和30年(1955年)
昭和39年(1964年)
昭和48年(1973年)
昭和57年(1982年)
平成 3年(1991年)
平成12年(2000年)
平成21年(2009年)

 

基本性格

九紫火星のキーワードは「負けず嫌い」「熱しやすく冷めやすい」「エリート」です。

九紫火星は「火」が象徴する特性をもっています。

燃え上がる火の明るさのように、周りを導く力があるのが九紫火星の特徴です。

快活な人が多く、かつ、個性的である場合もあり、美的センスにすぐれていたり、こだわりが強い人が多いのも九紫火星の特徴です。

リーダーシップがあり、頭の回転が早いがゆえに、「できない人」の気持ちに寄りそうことが苦手な部分があります。それが、怒りっぽいと思われている原因です。

 

ほかの本命星との相性

恋人や友人との関係性を深めたいと思ったときにも、本命星同士の相性をみることは役に立ちます。

九紫火星と9つの本命星との相性を、順番にみていきましょう。

一白水星との相性

パワフルな九紫火星に、控えめな一白水星は圧倒されてしまうかもしれません。

一白水星に、自分の理想を押し付けず、一白水星のよさを生かすことを心がければ、うまく関係を築くことができるでしょう。

二黒土星との相性

両者ともに堅実ですが、二黒土星はとくに動きません。そのため、堅実ではあるいっぽう、アクティブな九紫火星とは、動き方が異なるでしょう。

とはいえ、二黒土星の言わんとすることも理解できるため、話を重ねるうちに理解しあうことも可能です。

三碧木星との相性

どちらもパワフルな星なので、趣味が合えばハイスピードで関係を深めていくでしょう。

どちらも熱しやすく冷めやすいタイプであることを理解して、思いやりを忘れないようにすることが、関係継続の鍵です。

四緑木星との相性

一緒にいて、リラックスできる関係になれるでしょう。

ただ、恋愛関係になった場合は、四緑木星の八方美人な態度に困惑することもありそうです。そうなったときは、ほかの人に目を向けるのではなく、本人と向き合うことです。

五黄土星との相性

我が強い両者ですが、不思議とうまく関係を構築できるでしょう。九紫火星は、五黄土星の苦労人なところに興味をもつはずです。

たがいに足りないところは補いつつ、よりよい結果を求めて進んでいくことができるでしょう。

六白金星との相性

一見すると似た者同士ですが、本質的なところがちがうことで、うまくいかないかもしれません。

九紫火星は堅実ではありますが、受け身かというと、そうではありません。アクティブに行動したいと考えていますが、六白金星はその逆だからです。

七赤金星との相性

あまりよい関係を築けるとは思えません。火の性質をもつ九紫火星の勢いを落としてしまうのが、湖という水の性質をもつ七赤金星でしょう。適度な距離感を保って、付き合うほうが無難です。

ただし、短気な九紫火星を抑止するのには適役でしょう。

八白土星との相性

直感も大切にする九紫火星と地道な積み重ねを大切にする八白土星は正反対です。

しかし、そのどちらの要素も手にしたとき、結果はよりよくなることは明白です。そのことに気がついている両者は、よい関係を築くことができるでしょう。

九紫火星との相性

同じ星なので、たがいのことを理解するのはスムーズです。もちろん、両者ともプライドが高いため、衝突は多いでしょう。

とはいえ、何をされると嫌か、うれしいか、ということは手に取るようにわかります。素直に行動できれば、吉と出るでしょう。

 

運勢

恋愛、人間関係、金運、仕事の各ジャンルにおける九紫火星の運勢をみてみましょう。

恋愛

男女ともに「面食い」が多いのが九紫火星です。美的センスにすぐれている九紫火星ですから、しかたのないことですが、外見が好みでないと内面を知ろうとしないところが残念です。

好き嫌いが激しい九紫火星ですから、想っている相手のパートナーがあなたの苦手なタイプであれば、略奪も平気でできてしまうでしょう。もちろん、避けるのが無難です。

人間関係

友人や恋人、環境の変化とともに、変化する物事が多いのが九紫火星です。

自分勝手な面が強い九紫火星は、意識的に自分の行動を客観視する時間をもうけるとよいでしょう。

金運

名誉のために金銭を使うことに使命を感じています。身を飾ることも好きなはずです。

晩年、金運が弱くなるので注意が必要です。

仕事

芸術家やデザイナーなど美的センスを生かせる仕事が理想的です。

社会的地位のある職種も、魅力的でしょう。

 

吉方位

気学では、本命星と月命星がよい相生関係になる星がまわっている方位のことを吉方位としています。

本命星が八白土星の人は、生気方(親星)が三碧・四緑、退気方(子星)が二黒・八白です。

生気方位とは、自分の星を生んでくれた星がまわっていた方位です。そのため、まわりから導かれることを象徴します。

退気方位とは、自分の星から生じた星のまわった方位です。自分の努力によって道を拓く際に参考にしたい方位です。

2018年でみた場合、九紫火星は「西」「東南」の方角が吉方位となります。

 

まとめ

九紫火星の性格や相性、吉方位について紹介しました。

何か判断に迷ったときや、新しいことをはじめるときに、参考にしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

占い@DEEPの注目記事を受け取ろう

九紫火星 性格

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

占い@DEEPの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【九星気学】二黒土星の性格、相性、吉方位

  • 【九星気学】九紫火星 2019年の運勢は「守りに入る年」

  • 【九星気学】2019年 一白水星の運勢は「最高潮を迎える時」

  • 【九星気学】八白土星の性格、相性、吉方位

  • 【九星気学】六白金星 2019年の運勢は「幸運期の幕開け」

  • 【九星気学】七赤金星 2019年の運勢は「空高く舞い上がる年」