1. TOP
  2. 九星気学
  3. 【九星気学】八白土星の性格、相性、吉方位

【九星気学】八白土星の性格、相性、吉方位

 2017/12/06 九星気学
この記事は約 5 分で読めます。
八白土星 性格

自分の本命星を知ることで、自分の目標や生きがいなど、人生の指針となるものを理解しできるのはもちろん、運勢や気質も知ることができます。

八白土星の人の性格や相性、運勢、吉方位についてみていきましょう。

八白土星とは?

九星気学の9つの本命星のうちのひとつが「八白土星」です。

九星気学には、一白水星(いっぱくすいせい)、二黒土星(じこくどせい)、三碧木星(さんぺきもくせい)、四緑木星(しろくもくせい)、五黄土星(ごおうどせい)、六白金星(ろっぱくきんせい)、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい)、九紫火星(きゅうしかせい)という、9つの本命星が存在します。

生まれ年で見た場合、下記の年に生まれた方が八白土星を本命星に持っています。

大正09年(1920年)
昭和 4年(1929年)
昭和13年(1938年)
昭和22年(1947年)
昭和31年(1956年)
昭和40年(1965年)
昭和49年(1974年)
昭和58年(1983年)
平成 4年(1992年)
平成13年(2001年)
平成22年(2010年)

 

基本性格

八白土星のキーワードは「実直」「継続」「頑固」です。

八白土星は「山」が象徴する特性をもっています。

山の天候は変化しやすいもの。そのため、少々感情の起伏が激しい人が多いです。

また、山はじっと動かないものであることから、実直で頑固な人も多く、協調性に欠けます。行動力もあるとはいえず、せっかくの好機を逃しがちです。

基本的に受け身な八白土星ですが、その真面目でしっかりと構えた姿は、信頼につながります。

 

ほかの本命星との相性

恋人や友人との関係性を深めたいと思ったとき、本命星同士の相性をみることは役に立ちます。

八白土星と9つの本命星との相性を、順番にみていきましょう。

一白水星との相性

感情の起伏の激しい八白土星と、控えめな一白水星では、八白土星のパワーが強すぎるようです。

つねに遠慮しがちな一白水星に八白土星はフラストレーションを感じ、反対に一白水星も、疲弊してしまうでしょう。

二黒土星との相性

二黒土星を“静”とするなら、八白土星も静のタイプです。似た者同士の両者の関係は、きわめて落ち着いたものとなるでしょう。

八白土星の頑固さを、見守りつつ、ときに正しい方向へ後押ししてあげられるよう、フォローしてもらうとよいでしょう。

三碧木星との相性

フリーダムな三碧木星に、八白土星があこがれを抱くかもしれません。

相反する性質におたがいに惹かれ合うかもしれませんが、本質的にちがうところを理解しあえるかどうかが鍵になるでしょう。

四緑木星との相性

優柔不断な四緑木星に対して、どれだけ穏やかな気持ちで向かい合えるかが大切になります。

とくに恋愛関係の場合、ふらふらとしている四緑木星に、やきもきすることになるでしょう。

五黄土星との相性

どちらも安定感を重要視する星のため、総じてうまくいくでしょう。

関係を深めるのに、多くの時間は必要ありません。

六白金星との相性

六白金星が天と近い宇宙に属し、八白土星は地に属しています。天と地は離れがたい存在であり、必然的に惹かれ合う関係だといえます。

切磋琢磨しながら、たがいに成長していくことができるでしょう。

七赤金星との相性

快活で調子のよい七赤金星を、いかに八白土星が包み込めるかが鍵になるでしょう。

逆のタイプだといえるため、そのちがう部分を、相手の「長所」だと認めることができれば、うまくいくでしょう。

八白土星との相性

同じタイプなので、相手のことがよく理解できるでしょう。どちらも気まぐれな面があるため、すれちがうこともあるかもしれません。

どうしても我が強いところがあるため、冷静に言葉を選んで会話をするように心がけましょう。

九紫火星との相性

九紫火星のフリーな感性は、八白土星にとって魅力的にうつるでしょう。

正反対のタイプだといえますが、自分にない面を認め合うことでうまくいきます。

 

運勢

八白土星の恋愛、人間関係、金運、仕事の運勢をみてみましょう。

恋愛

堅実な恋愛をします。自分から興味をもった相手にはしっかりとアプローチもします。ただし、釣った魚に餌をやらないような態度はNGです。

また、すぐに怒ったり、束縛しようとしたりする点にも、注意が必要です。

人間関係

ピュアで辛抱強い八白土星は、運にも人にも恵まれやすいでしょう。

ただし、わがままに振る舞い、他力本願になりすぎないようにしましょう。

金運

運気の落差が激しいです。ただし、晩年盛り返します。

不動産で財産を確保する人が多いと言われています。

仕事

公務員や教育関係の職が向いています。

協調性には欠けますが、堅実な仕事ぶりが評価につながります。

 

吉方位

気学では、本命星と月命星がよい相生関係になる星がまわっている方位のことを吉方位としています。

本命星が八白土星の人は、生気方(親星)が九紫、退気方(子星)が六白・七赤、比気方(兄弟星)が二黒です。

生気方位とは、自分の星を生んでくれた星がまわっていた方位です。そのため、まわりから導かれることを象徴します。

退気方位とは、自分の星から生じた星のまわった方位です。自分の努力によって道を拓く際に参考にしたい方位です。

比気方位とは、同じ「気」が重なり大きくなる関係の方位です。同じ性質が力を合わせることで、開運につながるとされています。

2018年は、「西南」「西」「東」が吉方位となります。

 

まとめ

八白土星の性格や相性、運勢、吉方位について紹介しました。

何か判断に迷ったときや、新しいことをはじめるときに、参考にしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

占い@DEEPの注目記事を受け取ろう

八白土星 性格

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

占い@DEEPの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【九星気学】七赤金星 2019年の運勢は「空高く舞い上がる年」

  • 【九星気学】三碧木星 2019年の運勢は「すべてが表にあらわれる年」

  • 【九星気学】一白水星の性格、相性、吉方位

  • 【九星気学】六白金星の性格、相性、吉方位

  • 【九星気学】二黒土星の性格、相性、吉方位

  • 【九星気学】五黄土星 2019年の運勢は「雪解けの年」