1. TOP
  2. 干支占い
  3. 【干支占い】酉年(とりどし)生まれの性格と相性

【干支占い】酉年(とりどし)生まれの性格と相性

 2018/05/07 干支占い
この記事は約 7 分で読めます。
酉年 性格

自分の生年月日、星座、干支、血液型などは、幼いころから覚えているものですよね。そして、そのデータをもとに、性格や運勢を占うということも、とくに女性は昔から慣れ親しんでいることでしょう。

ここでは、酉年(とりどし)生まれの人の性格、金運、適職、恋愛傾向、相性、運勢を紹介します。

酉年(とりどし)の生まれ年とは?

酉年は、平成29年、平成18年、平成5年、昭和56年、昭和44年、昭和32年、昭和20年、昭和8年生まれの人が当てはまります。

 

酉年(とりどし)生まれの基本性格の特徴4つ

1.洞察力がある

自分の身の回りのことに注意を払い、条件反射的に自分に有利になる方向性を見定めることができます。

2.完璧主義

しっかりとした理想や目的があり、それらを達成できない自分のことは許せません。同時に、自分が求めるレベルにいない人にも、それ相応の努力を求めます。

3.プライドが高い

酉年の人は才能が際立っていたり、賢明な判断をしたりすることができます。そのことを本人もよく理解しているため、自分がミスしたときは“たまたま調子が悪かった”という風に考えるのです。そんなときに、他人にけなされたり、下手に同情されたりすると、とたんに機嫌が悪くなります。

4.自分本位になりがち

目標達成のために手段を厭わない酉年の人の言動は、ときに自分勝手な人のように、側からはみえてしまいます。

 

酉年(とりどし)生まれの金運

政治や経済の流れにも疎くない酉年の人ですが、使うときには遠慮なくお金を使う、浪費グセがあります。そのため貯蓄は多くはできませんが、基本的に金銭面で困ることはありません。

 

酉年(とりどし)生まれの適職

社会的地位のある仕事に固執します。政治家や研究者を志す人が多くいます。ほかにも、芸術的な仕事にも興味を示すでしょう。

 

酉年(とりどし)生まれの恋愛傾向4つ

1.真面目な付き合いを望む

生活や容姿が派手な印象を与える酉年の人ですが、恋愛においてはさほど奔放ではありません。むしろ、付き合う=結婚やその先を考えることだと意識しています。

2.なかなか距離が縮まらない

プライドが高く、周囲の人たちから尊敬される存在でいなければならないと考えている酉年の人は、なかなか本音をあらわしません。情けないところを、うまく人にみせることができず、信頼関係を築くのに時間がかかるのです。

3.繊細

完璧主義者な酉年の人ですが、パーフェクトな人間はいない、ということもまた、酉年の人はよく理解しています。基本的になんでもそつなくこなせる酉年の人ですが、もちろん努力もおこたりません。その過程で、傷つくことも多くあるのです。恋愛におけるいざこざは、そのひとつです。

4.追われるより追いかける

自分に対する理想も高いですが、恋人へのそれも同じように高い酉年の人。酉年の人から相手のことを好きにならなければ、恋愛にはなかなか発展しません。尊敬できる人を好きになり、追いかける傾向があります。

 

酉年(とりどし)生まれとほかの干支との相性

まず、基本的にいいとされている関係について紹介します。

支合(しごう)

この関係は、性格や価値観が似ているといます。そのため、よき理解者となることができるでしょう。

酉年であれば、辰年(たつどし)の人がそれに当たります。

三合(さんごう)

おたがいに不足している面を、おたがいに埋め合うことができる、特別な間柄です。

酉年であれば、丑年(うしどし)、巳年(へびどし)の人が当てはまります。

 

次に、悪い相性といわれている関係についてです。

七冲(しちちゅう)

支合の関係とは逆で、性格や価値観がぶつかり合い、反発してしまう間柄です。

酉年であれば、卯年(うさぎどし)の人がその間柄です。

六害(ろくがい)

相手のことを不快に感じたり、邪魔だと思ったりする間柄です。おたがいに高め合うライバルにもなれず、対立します。

酉年であれば、戌年(いぬどし)の人が当てはまります。

三刑(さんけい)

おたがいのことがまったく理解できずに、苦しみます。当事者にとどまらず、まわりをも巻きこみ、混乱を引き起こす間柄です。

ただし、午年(うまどし)、辰年、酉年、亥年(いのししどし)の人には、当てはまりません。

自刑(じけい)

午年、辰年、酉年、亥年の人は、三刑に当てはまりません。ほかの干支からの干渉を受けず、精神的に自立しているといわれます。その代わり、自然と孤立してしまうことも。自分で自分を苦しめてしまう、という意味で自刑とよばれます。

 

以上の関係性を踏まえたうえで、以下でさらにくわしく、酉年生まれと12の干支の相性をひとつずつみていきます。

 

酉年との相性

子年

どちらも几帳面なので気が合いそうなのですが、酉年の人がさばさばしているとするなら、子年の人は少々神経質です。そのため、酉年の人が子年と一緒にいることにつかれてしまいがちです。

丑年

マイペースですが、やるときはやる丑年の人のどっしり構えたところに、酉年の人は幾度となく助けられることになるでしょう。丑年の人も酉年の人のことを信頼していて、そのことをしっかり表現してくれます。そのため、酉年の人も心を開きやすいのです。

寅年

酉年の人は「狭く深く」付き合いますが、寅年の人は「広く浅く」。そんな寅年の人の“テキトー”ともいえる社交性に、酉年の人はひどく嫉妬し、軽蔑してしまいます。

卯年

表面上強がっている酉年の人も、内面はナイーブなところがあります。そういった意味では卯年の人と似ているのですが、だからこそ対立することも多くなります。

辰年

常識にとらわれず、夢を追う辰年の人に、酉年の人が惹かれやすい関係です。酉年の人は、自分の考えが凝り固まっていることに気がつき、辰年の人の純粋さにあこがれるのです。

巳年

束縛気質な巳年の人のわかりやすく深い愛情が、酉年の人を安心させてくれます。結婚にも向いています。

午年

相手の言動がいちいち気になり、突っかかり、擦り切れるまで衝突してしまいます。

未年

おたがい、自分にはない謙虚さや積極性に魅力を感じますが、最終的にはその面に不満を抱き、関係がうまくいきません。

申年

個性的でひねくれたところのある申年の人と酉年の人は似ている性格です。それゆえに、相手に求めている愛情のかたちも似ています。自分がほしいものを相手に与えることは、むずかしいもの。ほしがっていることはわかっていても、自分ももっていないものは、あげられません。

酉年

どちらも自己主張が激しく、なかなか協力し合うことができません。向かうべき場所が同じであっても、個々でそこまでたどり着こうとしてしまいます。

戌年

戌年の人は、酉年の人がなにを悩んでいるのかがわかりません。歩み寄ろうとしても、どうしても理解できず、結局は距離をおくことになります。

亥年

亥年の人が、酉年の人に惹かれ、距離を縮めようとしてくれます。その思いが酉年の人に伝わることで、酉年の人も心をゆるします。

信頼し合うことができ、結婚にも向いている関係です。

 

酉年(とりどし)生まれの2018年の運勢

2018年は、アクシデントが多発しそうです。

酉年の人にとっては、道を歩いていたら隣のマンションのベランダから鉢植えが落ちてきたりするような、とつぜんの出来事で、イレギュラーのことのように感じるかもしれません。でも、今年起こる問題は、これまでの積み重ねのようなもので、必然的なことです。

「そんな悪いことはしていない!」と、反論の声が聞こえてきそうですが、もちろんけっして悪いことをしたから、というわけではありません。ただ、過去の言動がきっかけとなって、今があるというだけなのです。

なにが起こっても動じないこと。適切に対応すれば、ダメージを最小限に抑えることもできますし、なにもせずじっとしていることが得策な場合もあります。酉年の人のすぐれた洞察力で、冷静に判断しましょう。

 

まとめ

酉年(とりどし)生まれの人の性格、金運、適職、恋愛傾向、相性、運勢を紹介しました。

「こうありたい」という、自分に対する理想がある酉年の人は、ブレません。そんな酉年の人に強く惹かれる人がたくさんいます。

それゆえに、ぐったりとつかれてしまうこともあるでしょう。そんなときでも、気丈にふるまおうとするのが、酉年の人。弱いところをみせることができず、結果的に八つ当たりをしてしまったり、攻撃的になりがちです。

「つかれちゃった」とか「あなたがいなくてさみしい」とか、そういった陰のように思える感情も、外に出してみてください。
あなたの魅力は、もっと高まりますし、生きやすくなりますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

占い@DEEPの注目記事を受け取ろう

酉年 性格

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

占い@DEEPの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【干支占い】亥年(いのししどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】申年(さるどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】丑年(うしどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】卯年(うさぎどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】戌年(いぬどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】寅年(とらどし)生まれの性格と相性