1. TOP
  2. 干支占い
  3. 【干支占い】辰年(たつどし)生まれの性格と相性

【干支占い】辰年(たつどし)生まれの性格と相性

 2018/05/07 干支占い
この記事は約 7 分で読めます。
辰年 性格

生年月日や星座占い、そして動物占いなどを楽しんでいる人は多いのではないでしょうか。じつは、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の「十二支」の動物たちでも、性格や運勢を占うことができるのです。

ここでは、辰年(たつどし)生まれの人の性格、金運、適職、恋愛傾向、相性、運勢を紹介します。

辰年(たつどし)の生まれ年とは?

辰年は、平成24年、平成12年、昭和63年、昭和51年、昭和39年、昭和27年、昭和15年、昭和3年生まれの人が当てはまります。

 

辰年(たつどし)生まれの基本性格の特徴4つ

1.積極性がある

12の干支のなかで、辰は唯一、空を飛ぶことができる動物です。辰年はまるで自由に空を飛ぶような、アクティブさを兼ね備えています。エネルギッシュで存在感があるのが、辰年の人なのです。

2.さっぱりしている

細かいことはあまり気にしません。意見が食いちがい、険悪な雰囲気になったと相手は感じても、辰年の人は気にしていないというのがほとんどです。

3.目標に向けてひたすら努力する

理想とする目標をどうすれば叶えられるのか、それを考え、行動することができます。ただ、結果を早く求めすぎる部分があります。ひとつの方法をトライし続けることはすくなく、多角的にアプローチすることが多いでしょう。

4.孤立しがち

辰年の人には、すこし自信過剰なところがあり、そんな一面が周囲の人を遠ざけがちになります。なにより、辰年の人自身がそのことをそこまで気にしていない部分が特徴的です。

 

辰年(たつどし)生まれの金運

自分がお金に困ることはない、という自信があるため、貯蓄が苦手です。実際、若いうちから多くの財を成すことができますが、その分使ってしまいます。派手な生活をしたがる傾向があるでしょう。

 

辰年(たつどし)生まれの適職

会社に属するよりは、自分で会社をおこすほうが能力を発揮できます。なにより、辰年の人は「他人と同じ」ことを好みません。めずらしいと言われる職種や羨望のまなざしを向けられるような会社を選ぶでしょう。

 

辰年(たつどし)生まれの恋愛傾向4つ

1.ロマンチスト

好きだと意識した瞬間から、一途にその人を想い続けます。ベタな告白やデートを好むでしょう。

2.相手に尽くす

相手に尽くされたいという思いも、相手に尽くしたいという思いももっています。ただ、与えた分だけ返してほしい、という考えが根底にあるため、尽くされる側は注意が必要です。

3.鈍感

遠回しな愛情表現は伝わりません。辰年の人へはストレートに伝える必要があります。

4.アピール下手

一途で情熱的な恋愛をする辰年の人ですが、恋愛において積極的に動くことは苦手です。それはプライドが高いのも影響しています。基本的に受け身でいることが多いでしょう。

 

辰年(たつどし)生まれとほかの干支との相性

まず、基本的にいいとされている関係について紹介します。

支合(しごう)

この関係は、性格や価値観が似ているといます。そのため、よき理解者となることができるでしょう。

辰年であれば、酉年(とりどし)の人がそれに当たります。

三合(さんごう)

おたがいに不足している面を、おたがいに埋め合うことができる、特別な間柄です。

卯年であれば、子年(ねずみどし)、申年(さるどし)の人が当てはまります。

 

次に、悪い相性といわれている関係についてです。

七冲(しちちゅう)

支合の関係とは逆で、性格や価値観がぶつかり合い、反発してしまう間柄です。

辰年であれば、戌年(いぬどし)の人がその間柄です。

六害(ろくがい)

相手のことを不快に感じたり、邪魔だと思ったりする間柄です。おたがいに高め合うライバルにもなれず、対立します。

辰年であれば、卯年(うさぎどし)の人が当てはまります。

三刑(さんけい)

おたがいのことがまったく理解できずに、苦しみます。当事者にとどまらず、まわりをも巻きこみ、混乱を引き起こす間柄です。

辰年、午年(うまどし)、酉年、亥年(いのししどし)の人には、当てはまりません。

自刑(じけい)

辰年、午年、酉年、亥年の人は、三刑に当てはまりません。ほかの干支からの干渉を受けず、精神的に自立しているといわれます。その代わり、自然と孤立してしまうことも。自分で自分を苦しめてしまう、という意味で自刑とよばれます。

 

以上の関係性を踏まえたうえで、以下でさらにくわしく、辰年生まれと12の干支の相性をひとつずつみていきます。

 

辰年との相性

子年

おたがいが相手のことをよく理解したいと思い、そのとおり歩み寄ることができるため、いい関係です。とくに、辰年の男性と子年の女性は相性がいいとされています。

丑年

辰年の人も丑年の人も、頑固な面が目立ちます。とくに辰年の人は、自分だけでなく相手にも自分の理想を押しつけるため、衝突することが多くなるでしょう。

寅年

現実的な寅年の人は、自由に夢を描く辰年の人に強く惹かれます。適度な距離感を保って、落ち着いた関係を築ける相性です。

卯年

堂々としたふるまいをする辰年の人に、卯年が魅力を感じやすい関係です。ただ、辰年の人に卯年の人がおしつぶされがち。このふたりが一緒にいては、おたがいの魅力をじゅうぶんに発揮することができないでしょう。

辰年

どちらも相手の粗探しをはじめます。性格は似ていても、よき理解者とはなれず、同族嫌悪の関係になります。

巳年

冷静な巳年の人にとって、自分勝手なところがある辰年の人は、たとえるなら子供。愛おしく思えます。辰年の人も、巳年の達観している面が理解できるため、自分の考えを押しつけることはしません。おたがいに信頼し合うことができます。

午年

どちらも自立しており、よきパートナーとなれます。ただし恋愛関係となると、一途な辰年の人は、少々移り気なところのある午年の人への不安がたえません。

未年

控えめな未年の人にとって、辰年の人は高圧的に感じられます。辰年の人からみた未年の人も、自己主張がなく、おもしろ味に欠けている印象を受けます。そうした部分を「すてきだな」と思えたときは、うまくいくでしょう。

申年

個性的な申年の人と辰年の人は、よく気が合います。奔放な辰年の人にも、申年はムリなく合わせることができるでしょう。そんな申年の人に、辰年の人も思いやりをもって接することができます。

酉年

おたがいに信頼を寄せ合うことができる間柄です。ただし、どちらも我が強く、自立しているため、恋愛関係には発展しづらいかもしれません。

戌年

本質的なところが合わないため、わかりあえません。できる限り近づかないのが得策です。

亥年

悪くはない相性ですが、亥年の人も辰年の人も言葉足らずなところがあり、自分を過信しているところがあるため、すれ違うことが多くなります。

 

辰年(たつどし)生まれの2018年の運勢

辰年の人の2018年は、これまでの状況を継続するのがむずかしくなります。大きな変化が訪れる年と認識してください。

とくに、「終わらせる」にふさわしい年です。人との関係はもちろん、物を処分するのにもいいでしょう。

2018年は、辰年の人がなにもしなくても、勝手に環境が変化していく騒々しい年です。ですから、自己主張は控えめにしたほうがいいでしょう。今年はだれかと意見をすり合わせ、自己主張を控える場面も多くなるはずです。

 

まとめ

辰年(たつどし)生まれの人の性格、金運、適職、恋愛傾向、相性、運勢を紹介しました。

情熱的で活動的な辰年の人の熱量にあこがれる人は、多くいます。そのことを、辰年の自身、とても誇りに思っているはずです。

ただ、他人よりも自分はすぐれているという意識が強い辰年の人は、孤立します。また、孤立した辰年の人は往々にして、それを悪いことだとすら思っていないため、状況が変わることはほぼありません。

そうした辰年の方にひとつアドバイスです。どうか、自分の世界に閉じこもらないでください。他人の考え方や感想を聞いて、それすらもあなたのものにするくらいの勢いで、他人と接することができれば、さらにいい人生を歩むことができるでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

占い@DEEPの注目記事を受け取ろう

辰年 性格

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

占い@DEEPの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【干支占い】巳年(へびどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】戌年(いぬどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】未年(ひつじどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】寅年(とらどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】申年(さるどし)生まれの性格と相性

  • 【干支占い】亥年(いのししどし)生まれの性格と相性