1. TOP
  2. 六星占術
  3. 【六星占術】天王星人プラス(+)の性格

【六星占術】天王星人プラス(+)の性格

 2018/02/15 六星占術
この記事は約 7 分で読めます。
天王星人プラス 性格

六星占術とは、生年月日から運命星を導き占う方法です。運命星を知ることで、あなたの性格や、あなたの運命星とは異なる運命星をもつ人との相性などがわかります。

ここでは、天王星人プラス(+)という運命星をもつ人の基本的な性格や適職、ほかの運命星との相性、運勢などを紹介していますので、確認してみましょう。

天王星人プラス(+)とは?

運命星という星に基づいて占う六星占術。その運命星の分類のひとつが、天王星人プラス(+)す。

人の性格や運勢はうまれたときから決められているといわれます。六星占術では、その性格や運勢は土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの運命星に分類することができ、その星に当てはまる人を土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人としています。

特別な条件がそろった場合は、霊合星人(れいごうせいじん)という分類になります。

また、運命星にはプラス(+)とマイナス(-)があり、干支によってどちらになるかを決めることができます。

 

天王星人プラス(+)の基本性格の特徴5つ

 

1.フレンドリーで天真爛漫

社交的な天王星人プラス(+)のまわりには、つねに人がいます。

天王星人プラス(+)は基本的にだれとでも仲良くすることができ、周囲を笑顔にすることができるアイドル的存在の人が多いです。

 

2.楽天的で忘れっぽい

悩みごとが頭のなかをグルグルまわって眠れない、そういったことを天王星人プラス(+)の人が経験することは少ないでしょう。

なにか悪いことが起きたとしても、天王星人プラス(+)の思考は、いつも次のことしか考えていません。細かいこと、よくなかったことは、すぐに忘れるようにできています。

また、他人に対しても多くを求めず、寛容なのが天王星人プラス(+)の長所です。

 

3.行動的

上記のような性格も相まって、天王星人プラス(+)はアクティブに動き、フットワークの軽さにも定評があります。

ただし、正しいか正しくないかの判断をする前に勢いよく走り出してしまうことが多々あるため、注意が必要です。

 

4.平和・博愛主義

基本的にイエスマンで、周囲との調和を乱さない道を自然と選択して進んでいくのが天王星人プラス(+)の特徴です。

もし天王星人プラス(+)がだれかの意見を強く否定するようなことがあれば、それは本当に嫌がっているということです。

 

5.優柔不断

「どっちでもいいよ」が天王星人プラス(+)の口癖です。白か黒かを自分の決断で選択することができません。

 

天王星人プラス(+)の結婚・家庭・恋愛の特徴3つ

 

1.穏やかな家庭を築くことができる

天王星人プラス(+)の人は結婚し、家庭を築く運勢を強くもっています。

快活でおおらかな天王星人プラス(+)。あたたかく穏やかな家庭を築くことができます。

 

2.複数人と同時進行できる

穏やかな家庭を築くことができる天王星人プラス(+)ではあるのですが、異性関係に対する線引きはルーズです。数人との関係を軽い気持ちで進めてしまうこともあるでしょう。

なにより天王星人プラス(+)は相手からの好意をむげにできません。そのため、いつのまにか望まない状況になっていることもあります。

 

3.略奪もいとわない

常識や価値観にしばられることのあまりない天王星人プラス(+)は、人から奪うこともさして気にしないところがあります。

たとえば、天王星人プラス(+)の人が不倫をしていたとして、周囲の人がそれをとがめたとしても、天王星人プラス(+)自身はその批判を「わたしと相手の問題だから! 」と、右から左へと聞き流してしまうでしょう。

 

天王星人プラス(+)の才能・適職

経営者やアイドルになる人が多いのが、天王星人プラス(+)の人の特徴です。

運勢的に天王星人プラス(+)は、お金を稼ぐことに長けています。そのため、経営者となる人が多いです。

また、天真爛漫な天王星人プラス(+)は、芸能人であればアイドルになることが多いでしょう。

人当たりのよい天王星人プラス(+)。より密に人と接する接客業や営業職、美容師などが向いています。

 

天王星人プラス(+)とほかの運命星の相性

 

1.土星人との相性

つねに愛情を求めている、という点では相性がいいのですが、根本的にこの運命星は異なります。

なんでも白黒つけたがり、規律を守ることに命をかける土星人と、事なかれ主義でルーズな天王星人プラス(+)は、わかりあえないでしょう。

 

2.金星人との相性

せっかちで押しの強い金星人と、フラフラと流されてしまう天王星人プラス(+)は、意外とうまくいきやすい関係です。

のんびりしている天王星人プラス(+)のことを、金星人が適度にコントロールしてあげることでスムーズな関係が築けます。

そして、金星人のほうも天王星人プラス(+)といることで、心休まる時間が増え、視野が広がり、過剰な角が適度に丸くなっていきます。

 

3.天王星人との相性

はっきり言わない、何事にもルーズなところがある天王星人プラス(+)が天王星人といっしょになると、まずメリハリがつきません。

おたがいが相手に合わせようとするので、一見するとうまくいっているようにみえますが、どうしても決断しなくてはならなくなったときに、「この人といっしょだとむずかしいかも」と悟ってしまうときがくるでしょう。

 

4.火星人との相性

天真爛漫な天王星人プラス(+)と、独特な感性をもっている火星人は、出会ってすぐに打ち解けられます。

似た者同士のように思えるのですが、根本は違います。

規律はあってないようなものだと考える天王星人プラス(+)に対して、火星人は社会的な評価などを気にします。そのため、火星人が天王星人プラス(+)の奔放な言動にストレスを感じるようになるでしょう。

 

5.木星人との相性

現実主義な木星人ですが、そうでない人をバッサリと切り捨てるような冷酷な人ではありません。そのため、猪突猛進な天王星人プラス(+)のことを、サポートすることができます。

そのおかげで、天王星人プラス(+)は実力を正しい場所、タイミングで発揮することができるでしょう。

 

6.水星人との相性

冷淡で、結果がすべてだと考えているような水星人のことを、博愛主義な天王星人プラス(+)は理解できないでしょう。また、恋愛関係になったとしても、たがいの温度差につかれてしまいます。

 

天王星人プラス(+)の2018年の運勢

天王星人プラス(+)の2018年の運勢は「達成」。文字通り、結果がついてくる年です。運気は最高潮で、仕事もプライベートも順調に進んでいくでしょう。

そんな年に、受け身でいるのはもったいないこと。もちろん、天王星人プラス(+)から動かなくても、さまざまなご縁に恵まれます。

ただ、天王星人プラス(+)から動いたほうが、2018年はより適したご縁を選び取ることができるでしょう。

 

まとめ

天王星人プラス(+)の性格や相性、2018年の運勢について紹介しました。

断りたいけど断れない、そんなことが多いのも天王星人プラス(+)の特徴です。相手を拒否しないことで、すべて円滑に進めることができる、という考えが前提にあるからでしょう。

しかしあなたのやさしさが、ときにはあとで相手を傷つけることもあるのです。その場はうまくおさめたようでも、なあなあにしたことはあとで必ず再燃します。

ワンクッション置いてでも、自分の意見を相手に伝えられるようになると、さらに生きやすくなるでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

占い@DEEPの注目記事を受け取ろう

天王星人プラス 性格

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

占い@DEEPの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


関連記事

  • 霊合星人 土星人プラス(+)2020年の運勢を占う

  • 【六星占術】金星人マイナス(-)の性格

  • 【六星占術】木星人プラス(+)の性格

  • 霊合星人 天王星人マイナス(-)2020年の運勢を占う

  • 【六星占術】天王星人マイナス(-)の性格

  • 霊合星人 木星人プラス(+)2020年の運勢を占う