1. TOP
  2. 天中殺占い
  3. 【天中殺占い】子丑天中殺 2019年の運勢は『天中殺前の休息期』

【天中殺占い】子丑天中殺 2019年の運勢は『天中殺前の休息期』

 2018/12/07 天中殺占い
この記事は約 6 分で読めます。
子丑天中殺 2019年 運勢

人には、持って生まれた運勢のバイオリズムがあります。

12年に一度だけ、天が味方してくれなくなる「天中殺」の時期が巡ってくるのですが、この天中殺を使った占いは、陰陽五行説や八卦などの有力な世界観を基に古来から受け継がれてきました。

2019年、天中殺占いにおける子丑天中殺の人の運勢はどうなのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

総合運/全体運

【天中殺前の休息期】

人にはそれぞれ、持って生まれた運勢があります。そしてそこに、運気のバイオリズムが影響して、それぞれの人生が彩られます。

2019年、子丑天中殺の人は「天中殺前の休息期」。

絶好調だった時代が過ぎ、地に足を着けた生活に戻る年となります。

もともと子丑天中殺の人は着実さを好み、一か八かの賭けをしたり、思い切ったことをするのを控える性格ですが、この3年間、12年のうちでもっとも幸運な時期を過ごしてきたため、気が大きくなっているかもしれません。

そんな人にとっては、2019年は急に追い風が止まってしまったような感覚に襲われ、戸惑うことが多くなるはずです。

子丑天中殺の人の2019年は、気持ちを落ち着かせ、外に打って出るのではなく、自分の内部に目を向けて過ごし、2020年からの天中殺に備えて体力を温存するといいでしょう。

2020年以降は天中殺期間に突入するため、難しい局面に立たされることが多くなります。

2019年は過去に得た数々の幸運をもう一度振り返り、それを今後の人生に活かすために必要な貴重な一年と心得て、静かに過ごしてください。

恋愛運/結婚運

【出会いを求めるより関係を深めること】

2019年の子丑天中殺は、出会いには恵まれません。

過去2年間、気さくで温かい性格の子丑天中殺の人はその魅力が倍増していたため、出会いに恵まれていたはずです。

しかし、2019年からの数年間はそうはいきません。2019年からは新しい出会いに期待するよりも、今まで培ってきた関係を大事にメンテナンスする方向にシフトするようにしてください。

子丑天中殺の人にとって、誰かと親密な関係を保つのは得意中の得意のはず。

ただ、出会いがたくさんあると、優先順位がわからなくなってしまったり、疲れ切ってしまったりしたのではないでしょうか。

もともと子丑天中殺の人は、身近な人にたくさんの愛を注ぐことに幸せを感じるタイプですから、出会いが少なくなってもそれほどダメージは受けません。

ただし、もし結婚を考えているのであれば、話は別です。

結婚する、あるいは、同居するのであれば、2019年のうちにけじめをつけてしまいましょう。

結婚、出産というのは人生でもっとも「気の流れ」を変えてしまう行為になります。その結婚や出産を人生の乱気流の時期「天中殺」にしてしまうと、その後の人生までも乱気流に巻き込まれてしまうかもしれません。

結婚するのなら2019年のうち、もしそれがムリでなのであれば、後三年はふたりの関係を温めることに徹してください。

仕事運/勉強運

【蒔いた種を刈り取る年】

2019年の子丑天中殺は、仕事や勉強など、実力以上の結果は期待できないでしょう。

もともと、子丑天中殺の人はコツコツ物事を積み重ねるのが得意なタイプですから、一攫千金や運に頼った成果は求めていないかもしれません。

しかしそれでも、絶好調だった過去2年間、思ってもみなかった成果や評価を得られた経験から、2019年もついつい同じような成果を期待してしまってもムリもないでしょう。

ただ、2020年から天中殺に入る子丑天中殺にとって、ボーナスタイムは2018年で終わりました。2019年からはまさしく「自分で蒔いた種を自分で刈り取る」ことに徹することになります。

過大評価を受けていた人は、元来の評価に戻ります。もともと努力していた人も、幸運期の余波でいま少し好調に思えることもありますが、そういったものも2019年前半には完全に落ち着いて、正当な評価、当たり前の成果に収束することになるでしょう。

仕事、勉強の分野に関しては、元来、占いで完全に扱える範囲ではありません。

その人の日頃からの物事に対する姿勢や小さな積み重ねといった、どれだけ人に貢献できたかがダイレクトにあらわれる分野です。

ただ、人と人とのつながりを必要とする活動や自分に合った進路選びなどは、やはり運勢の波の影響を受けることも確かです。

大事なことは、2019年のうちに「重大な決断」をしてしまうことです。たとえば、志望校を決める、転職を決める、新規プロジェクトを立ち上げるなど。

2020年以降、天中殺に入ってから重大な決断をしてしまうと、のちのち裏目に出てしまうことが多いため、決断は先送りしないようにしてください。

財運/金運

【大きな出費は2019年中が吉】

子丑天中殺の人の2019年は、天中殺に入る前の安息期間となります。

家の新築やローン組みなどはラストチャンスの年です。大きな出費は2020年以降に持ち越さないようにしましょう。

お金を使うにしても、家具やパソコンなどの耐久消費財に使う分には問題ないですが、娯楽などの目先の楽しみに使う浪費は、2020以降に苦しむことになるため、控えてください。

まとめ

【天中殺に入る直前、決断は早めに】

子丑天中殺にとって2019年は、天中殺前のつかの間の休息時期です。

つまり、2019年は運気が少し遠のいて、陰りが見えはじめたころです。そのため、以前と同じように力業でことを運ぼうとすると、足元を掬われてしまいます。

かといって、決断を先延ばしにして2020年以降に持ち越してしまうと、運気的に低調な時期に大事な決断をしてあとで苦しむか、それとも後3年間ほどじっと決断せずに待つ羽目になってしまいます。

子丑天中殺の人が2019年にすべきことは、大きな決断ほど早めに形をつけてしまうこと。そして、それ以外の小さなことは、幸運を期待せず、コツコツと積み重ねることです。

それができれば、2020年以降の運命の乱気流に飲み込まれても、流されない土台を築くことができるでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

占い@DEEPの注目記事を受け取ろう

子丑天中殺 2019年 運勢

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

占い@DEEPの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


関連記事

  • 【天中殺占い】辰巳天中殺 2019年の運勢は『幸運期真っ只中』

  • 【天中殺占い】辰巳天中殺の2018年の運勢

  • 【天中殺占い】戌亥天中殺 2019年の運勢は『手探りで進む年』

  • 【天中殺占い】寅卯天中殺の2018年の運勢

  • 【天中殺占い】午未天中殺の性格と相性

  • 【天中殺占い】辰巳天中殺の性格と相性