1. TOP
  2. 六星占術
  3. 【六星占術】金星人マイナス(-)霊合星人の性格

【六星占術】金星人マイナス(-)霊合星人の性格

 2018/04/02 六星占術
この記事は約 7 分で読めます。
金星人マイナス(-) 霊合星人 性格

自分の性格や運勢、気になる人や友人、恋人との相性を知りたいと思ったときは、六星占術における運命星がわかると便利です。

ここでは金星人マイナス(-)霊合星人という運命星をもつ人の性格や運勢、金星人マイナス(-)霊合星人とほかの運命星との相性などを紹介しています。参考にしてみてください。

金星人マイナス(-)霊合星人とは?

運命星に基づいた分類のひとつが、金星人マイナス(-)霊合星人というものです。

うまれたときからすでに決まっているといわれる、その人の性格や運勢を、土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの運命星に分けます。そして、それぞれを土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人と分類するのが、六星占術です。

また、運命星にはプラス(+)とマイナス(-)があり、うまれた年の干支によって分けることができます。

さらに、特別な条件がそろった場合のみ、上記の運命星に加え、霊合星人(れいごうせいじん)という分類に属することになるため、条件を確認しましょう。

霊合星人は、うまれた年の干支が「停止」の運気だった人が当てはまります。具体的には下記の人たちが属します。

  • 土星人(+)で戌年生まれ
  • 土星人(-)で亥年生まれ
  • 金星人(+)で申年生まれ
  • 金星人(-)で酉年生まれ
  • 火星人(+)で牛年生まれ
  • 火星人(-)で未年生まれ
  • 天王星人(+)で辰年生まれ
  • 天王星人(-)で巳年生まれ
  • 木星人(+)で寅年生まれ
  • 木星人(-)で卯年生まれ
  • 水星人(+)で子年生まれ
  • 水星人(-)で丑年生まれ

霊合星人の人は、占命盤上で向かい合っているもうひとつの星の影響も受けることになります。そのため、霊合星人の性格や運勢は複雑だといわれるのです。

対極にある運命星は以下で確認してください。

  • 土星人プラス(+) ⇔ 天王星人プラス(+)
  • 土星人マイナス(-) ⇔ 天王星人マイナス(-)
  • 金星人プラス(+) ⇔ 木星人プラス(+)
  • 金星人マイナス(-) ⇔ 木星人マイナス(-)
  • 火星人プラス(+) ⇔ 水星人プラス(+)
  • 火星人マイナス(-) ⇔ 水星人マイナス(-)

 

金星人マイナス(-)霊合星人の基本性格の特徴4つ

運勢星が金星人マイナス(-)ということは、木星人マイナス(-)の影響も受けていることになります。

 

1.臨機応変に行動できる

行き当たりばったりな金星人の性質がありますが、対極にあるのは計画性のある木星人の性質です。

「だいたいの方向性を定めて進んでみて、その先でなにかがあればそこで考えよう」という“計画”が頭の中にあるのが、金星人マイナス(-)霊合星人です。

 

2.気が強い

フレンドリーでだれにでもやさしいというよりは、人を選んでつきあうタイプです。自分のことを否定する人を遠ざけて、うまくいきそうだなと直感で認識した相手だけを選びます。そのため、気が強い、我が強い、という印象を周囲に与えるでしょう。

 

3.人助けをしたがる

持ち前のフットワークの軽さを活かして、ボランティアに取り組む人も多くいます。その理由はおもに感謝をされたい、承認欲求を満たしたいため。

感謝をされるのが好きなのが、金星人マイナス(-)霊合星人です。

 

4.持ち物にこだわる

社会的に評価があるもの、自分がいいと思ったものなど、とにかく自分が気に入ったものだけを所有したいと思うのが、金星人マイナス(-)霊合星人です。

流行にも敏感ですが、持ち物の量はさほど多くないでしょう。

 

金星人マイナス(-)霊合星人の結婚・家庭・恋愛の特徴3つ

1.あまり縁に恵まれない

金星人マイナス(-)霊合星人は明るいキャラクターではあるのですが、少々きついイメージがあります。そのため、とっつきにくい人だと思われることも。結果として、寄ってくる縁はさほど多くありません。

 

2.家庭・結婚運はさほどよくない

もともと金星人マイナス(-)の婚期は遅く、恋愛も奔放です。そのため、木星人マイナス(-)のいい家庭運をもってしても、金星人マイナス(-)霊合星人の家庭・結婚運はあまりよくありません。

少しでも相手にいやなところがあれば結婚は踏みとどまる、それが金星人マイナス(-)霊合星人です。

 

3.尊重されたい

金星人マイナス(-)霊合星人は、軽く扱われることが嫌いです。「あと回しにされた」「テキトーにあしらわれた」と感じると、とたんに相手への気持ちが冷めてしまいます。

 

金星人マイナス(-)霊合星人の才能・適職

金星人マイナス(-)霊合星人は、影で支える縁の下の力持ちタイプではありません。自分が前に出ていなければ、仕事で充実感を得ることはないでしょう。

木星人の真面目さを兼ね備えてはいますが、もともと器用ではありません。そのため、ごまをすって、太鼓をもって、のし上がっていくタイプにはなりえません。

 

金星人マイナス(-)霊合星人とほかの運命星との相性

1.土星人との相性

気が強く、ときに人を寄せ付けないような雰囲気のある金星人マイナス(-)霊合星人に対して、だれとでも穏やかに接することができる器用な土星人の相性はいいです。

土星人といっしょにいることで、金星人マイナス(-)霊合星人は対外的な自分の不器用さを、フォローしてもらうことができるでしょう。

 

2.金星人との相性

どちらも我が強いため、反発しやすい間柄です。

遊び仲間としては笑いの絶えない時間を過ごすことができそうですが、真剣な相談などは向いていません。相手の気持ちよりも自分の意見を主張してしまい、解決しません。

 

3.天王星人との相性

ときに非常識な行動をしてしまう天王星人とゴーイングマイウェイな金星人マイナス(-)霊合星人は、それほど相性はよくありません。

なんだかんだいっても、金星人マイナス(-)霊合星人は常識人です。マイペースにいきたい金星人マイナス(-)霊合星人にとって、ペースを乱してくる天王星人はだんだんと邪魔に思えてきてしまいます。

 

4.火星人との相性

自分の味方をしてくれそうな人を直感的に選ぶ金星人マイナス(-)霊合星人にとって、警戒心むきだしの火星人は、選ぶ対象にならないことがほとんどです。

自分のことをどう思っているかわからない相手の気持ちを知りたい、という好奇心よりも、厄介事を遠ざけたい、という気持ちが優先されます。

 

5.木星人との相性

計画性のある木星人にとって、計画が倒れてしまったとしても途中から立て直してくれる金星人マイナス(-)霊合星人の臨機応変なところは、とても頼りになります。

金星人マイナス(-)霊合星人も木星人も、だれにでもいい顔ができるタイプではありません。そのため、おたがいに気が合ったときは、ふたりっきりで仲を深めていくことになります。

 

6.水星人との相性

計画性のある木星人の影響も受けている金星人マイナス(-)霊合星人にとって、水星人の利己的な面はよく理解できます。むしろ、共感できるでしょう。

水星人も、ただ笑顔を振りまくだけでなく、周囲のことを観察して選びとる金星人マイナス(-)霊合星人のことを気に入ります。

 

金星人マイナス(-)霊合星人の2018年の運勢

2018年、金星人マイナス(-)の運気は大殺界の最後の年「減退」。そして、木星人マイナス(-)の運気は「乱気」という、メインもサブもマイナスの運気となっています。

余計なことをしないように行動していたつもりでも、いつの間にか周囲の厄介ごとに巻き込まれてしまいそうです。

楽観的に考えることの多い金星人マイナス(-)霊合星人も、「これはさすがにまずいのではないか」と、怖気づくことがあるかもしれません。

ただ、ここでさらにアクションを起こしても、場が乱れるだけ。「何もしない」ことが肝心です。

金星人マイナス(-)霊合星人は、来年からはいい方向へ道がひらけていきます。それまでは周囲をじっくり観察しながら、じっとしているのが吉です。

 

まとめ

今回は、金星人マイナス(-)霊合星人の運勢や性格をお伝えしました。

媚びを売ることが苦手で、嫌いな金星人マイナス(-)霊合星人の周りには、あなたとよく気の合う人ばかりが集まっているはずです。それは、あなただから成せる居心地のいい環境づくり。

金星人マイナス(-)霊合星人は、自分とちがう意見をもつ人のことを、少し怖がりすぎているかもしれません。

意識的に相手の意見を聞く、ということを頭に入れて生活すると、よりあなたの生活は豊かになるはずです。

\ SNSでシェアしよう! /

占い@DEEPの注目記事を受け取ろう

金星人マイナス(-) 霊合星人 性格

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

占い@DEEPの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【六星占術】木星人プラス(+)の性格

  • 【六星占術】水星人プラス(+)霊合星人の性格

  • 【六星占術】水星人マイナス(-)霊合星人の性格

  • 【六星占術】土星人マイナス(-)の性格

  • 【六星占術】火星人プラス(+)霊合星人の性格

  • 【六星占術】天王星人プラス(+)の性格